リンクジョーカー/Link Joker [編集]

概要 [編集]

 《リンクジョーカー》FVプレゼントキャンペーンで初出した(実質的な初出は侵略の星輝兵となる)スターゲートクラン

 「呪縛(ロック)」によって相手リアガードを封じて無力化・妨害することを得意としている。
 フィールドにいるユニットを裏向きの特殊な状態にする「呪縛」や「デリート」、相手トリガー効果の変更、効果によってゲームに勝利する能力等、その他のクランには存在しない独自の能力を多く有しており、「反転」と「常識の逸脱」をテーマにしており、特異なクランとして存在感を放っている。

 属するカードは他星の歪められた存在や、それらのデータを元にした人工生命体などで構成されている。
 また、“リンクジョーカーが関与している存在”という意味ではクレイ現住の存在を歪めた反転体「Я」が存在するが、基本的にこれらはリンクジョーカーには属していない(設定上は「Я」ではない《星輝兵 “Я” クレイドル》、逆に設定上のみ「Я」である《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》が属している)

 「時空混戦」発生以降の背景ストーリーにおいては、侵略者“リンクジョーカー”の先兵《星輝兵》、遊星ブラントに住まう異形の存在《根絶者》、創世神「メサイア」の「調和と再生」の意思によって再生された新世代の“リンクジョーカー”、これら3つの勢力に分かれている。

  • 属するカードは〈エイリアン〉、〈ヒューマン〉、〈メサイア〉に属するものを除く全てが概ね機械的かつ無機質な外見で、白を基調とした黒い外殻に赤黒いラインが走るデザインが共通している。
  • カード名のネーミングは科学(特に元素や宇宙関係、論理)や不吉な単語が大半を占める。
  • このクラン固有の種族は全て「電脳」を意味する英単語「cyber」を冠した専用種になっている。
    • 設定上、惑星ブラントに飲み込まれた存在とされる「根絶者」に属するものは一律で〈エイリアン〉となっている。
  • スターゲートに属するクラン名表記などは通常黒文字であるが、リンクジョーカーのみ例外的に「赤文字の黒抜き」で表記される。カード名などの「Я」も同様の表記となっている。
  • アニメにおいては自身の名を冠した「リンクジョーカー編」において、リンクジョーカーの力を与えられ“リバース”した「リバースファイター」と呼ばれるファイターが使用。このリバースファイターに敗北したファイターもまた、自分の力を抑えられなくなりリバースしてしまう。
    • ただし、リバースファイターとなった者は平時に使用しているクランデッキに「Я」を含むカードを加えているというケースが多く、実際にリンクジョーカークランデッキを使用していたのは、リンクジョーカーの化身となった立凪タクト、ファーストリバースファイターとなった櫂トシキ、加えて立凪スイコの3人だけである。
    • リバースファイターの外見的な特徴として、額に影が差し、瞳が変化(暴走状態ではハイライトが消失、自意識を残している場合は赤い光が追加)。それに加えて切り札の使用時等に目元に血涙のような紋様が現れる。紋様はリバースファイターによって細部でデザインが異なっている場合もある。また、リンクジョーカーの力を強く所持している場合、ファイト開始と同時に周囲が宇宙空間のような景色に上書きされる。
    • 「レギオンメイト編」では、かつて宮地学園カードファイト部の一員として戦ってきた立凪コーリン、聖域に封印されている先導アイチ、そしてカトルナイツの一人であるラウル・セラが使用。セラは当初所持していることを隠していた。
      なお、レギオンメイト編ではリバースファイターという概念は存在せず、これに敗れても“リバース”はしない。
  • 漫画版及び劇場版「カードファイト!! ヴァンガード ネオンメサイア」では伊吹コウジが「根絶者」を使用している。
  • 2011年版アニメではキャラクターとしても登場しており、「虚無(ヴォイド)」と呼称されている。「アジアサーキット編」では蒼龍レオンを唆し、アクアフォースを復活させる代わりにロイヤルパラディンシャドウパラディンかげろうの3クランを封印させていた。この時はアイチによって退けられたが、続く「リンクジョーカー編」では立凪タクトの肉体をハッキングして乗っ取り、リバースファイターを増やして「ゲート」を開き星輝兵のユニットを地球に呼び込もうと目論んだ。
    • 手始めにタクトを乗っ取り櫂トシキを撃破、力への渇望に付け込んでリバースさせる。その後宮地学園のコンピューター室に干渉、長代マキをリバースさせることで密かに宮地学園内のファイターをリバースさせ、アイチの知らないところで次々と手駒を増やしていた。最終的にはレオンの協力を受けた本物のタクトを破りその力を奪ったが、アイチに敗れタクトの道連れにされる形で消滅した。
    • しかし「レギオンメイト編」では、「リンクジョーカー編」でアイチに敗北した際、アイチの体に「シード」を宿していたことが発覚している。これにより、仮にアイチがファイトで敗れた場合はその相手に移り、その相手が敗れればさらに……という流れでより強いファイターに宿り続け、最終的にファイターを乗っ取り復活する布石を打っていた。
      • アイチはこれを防ぐため、月の宮を作り上げて自らを封印することを決意したが、最終的にはアイチの体内からはじき出されたシードが《ブラスター・ブレード・探索者》により分断され、「寛容と覚悟を持った未来のファイター」に宿ることになった[1]
      • これによりシードはファイターを乗っ取る能力を失い、宿主が同じ「寛容と覚悟を持ったファイター」と戦えばさらに分裂してそのファイターにも宿り、将来的には全てのファイターがシードを宿すことでクレイとの共存に成功し、新たなクランとして迎えられるだろうことが語られている。
      • タクトを乗っ取った「本人の意志を抑えつけ、ユニットが乗っ取る」という方法が後の『G NEXT』以降における使徒によるディフライドの構造に近いことや、アクアフォースを復活させた理由が語られていないことから、この「虚無」の正体は《破壊の竜神 ギーゼ》の意志、ないしはその使徒ではないかと考えられる。

種類別(新シリーズ) [編集]

グレード4 [編集]

―パワー30000 / シールドなし / クリティカル1

―パワー14000 / シールドなし / クリティカル1

グレード3 [編集]

―パワー13000 / シールドなし / クリティカル1

―パワー10000 / シールドなし / クリティカル1

―パワー0 / シールドなし / クリティカル1

グレード2 [編集]

―パワー10000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー10000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー9000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー8000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド15000 / クリティカル1

グレード1 [編集]

―パワー8000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド0 / クリティカル1

―パワー6000 / シールド10000 / クリティカル1

グレード0 [編集]

―パワー6000 / シールド10000 / クリティカル1

クリティカルトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド30000 / クリティカル1 / パワー+10000

―パワー5000 / シールド15000 / クリティカル1 / パワー+10000

ドロートリガー [編集]

―パワー5000 / シールド5000 / クリティカル1 / パワー+10000

―パワー5000 / シールド0 / クリティカル1 / パワー+10000

ヒールトリガー [編集]

―パワー10000 / シールド15000 / クリティカル1 / パワー+10000

―パワー5000 / シールド20000 / クリティカル1 / パワー+10000

種類別(旧シリーズ) [編集]

Gユニット [編集]

―パワー15000+ / シールドなし / クリティカル1

―パワーなし / シールド15000 / クリティカルなし

グレード3 [編集]

―パワー11000 / シールドなし / クリティカル1

―パワー10000 / シールドなし / クリティカル1

グレード2 [編集]

―パワー10000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー9000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー8000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド5000 / クリティカル1

グレード1 [編集]

―パワー8000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー6000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー6000 / シールド0 / クリティカル1

―パワー5000 / シールド5000 / クリティカル1

グレード0 [編集]

―パワー6000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー4000 / シールド10000 / クリティカル1

クリティカルトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー4000 / シールド15000 / クリティカル1 / パワー+10000

―パワー4000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

ドロートリガー [編集]

―パワー5000 / シールド5000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー4000 / シールド5000 / クリティカル1 / パワー+5000

スタンドトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー4000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

ヒールトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー4000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

関連リンク [編集]


[1] 内訳は先導アイチ櫂トシキ石田ナオキ立凪コーリンオリビエ・ガイヤールラティ・カーティフィリップ・ネーヴ三和タイシ葛木カムイ戸倉ミサキ雀ヶ森レン蒼龍レオン。最後の一つはまだ見ぬファイターに宿ったとされるが、このファイターが誰なのかはシリーズを通して不明のまま