創世竜(そうせいりゅう) トランスエルス・メサイア/Genesis Dragon, Trans-else Messiah》 [編集]

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
リンクジョーカー - メサイア パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1),Gゾーンから裏の「創世竜 トランスエルス・メサイア」を1枚選び、表にする] このユニットが(V)に登場した時、あなたの「メサイア」を含むハーツカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、すべてのファイターのリアガードすべてを呪縛し、この効果で呪縛されたカード以外の呪縛カードすべてを解呪する。

 ファイターズコレクション2016で収録されたリンクジョーカーGユニット

 ヴァンガードサークル登場した時に「メサイア」のハーツカードがあるならカウンターブラスト(1)とGペルソナブラストすることで、すべてのファイターリアガードを全て呪縛し、この効果呪縛されたカード以外の呪縛カードすべてを解呪するジェネレーションブレイク(2)の自動能力を持つ。

 使えるタイミングが遅めな上に「メサイア」のカードハーツ化が必須となるが、端的にいえばすべてのファイターリアガードすべてを呪縛し、既に呪縛カードとなっていたカードすべてを解呪するという能力である。

 他の〈メサイア〉のGユニットと同じく呪縛対策となり、呪縛手段としては抵抗も突破できるので相手リアガードすべてを呪縛することも容易く、《メタレイア・メサイア》能力誘発回数を稼いで高パワーを狙う起点にできる。
 バトルフェイズ前に使える相手リアガードの大量呪縛手段ということで《リワインド・ドラゴン》との相性が良くそれと組み合わせることで、他のカードでは呪縛しにくい抵抗を持つカードを処理したり、まとまった呪縛カード処理手段があるデッキに対しては呪縛した相手カードすべてを先にドロップゾーンに置いて確実にディスアドバンテージに与えにいくといったことが狙える。

 また、こちらにリアガードが無ければ、一方的に相手リアガードだけを呪縛できるので、退却を得意とする【かげろう】【なるかみ】への対策としても優秀といえる。
 解呪された時の能力を持つ《アローザル・メサイア》《グロビュール・ドーベル》等が残っている場合なら、それらをまとめて呪縛して能力の利用に繋げる手段になる。

 反面、他の〈メサイア〉のGユニットとは異なりバトルフェイズ中に解呪を行えないので疑似スタンド、疑似スタンドに繋げるにはリアガードサークルから《轟脚のブラストモンク》《白色矮星のレディバトラー》《デュナミス・メサイア》等の能力を利用して1枚ずつ解呪しなければならないという制限が課されることになる。
 呪縛したくないリアガードまで呪縛してしまうという融通が効かない一面もあり、解呪能力リアガードあるいはそれらで扱い切れない枚数を呪縛するとさらに動きが鈍る。

 呪縛手段としてはバトルフェイズ中の解呪で疑似スタンドを狙える《創世竜 バサルティス・メサイア》のが様々な面で融通が効くので、抵抗を持つリアガードを持つリアガード《報復の忍鬼 オオボシ》を安全に呪縛できる点を活かしたいところ。

 要件に対応するカードの中では特に《オルターエゴ・ネオ・メサイア》との相性が良く、先にそちらの能力解決しておくことでリアガード1枚分の呪縛を疑似的に回避できる。
 それを起点に自発的に呪縛状態となった《サクリファイス・メサイア》もついでに解呪するといったことも狙える他、《グロビュール・ドーベル》呪縛した直後に解呪してリソース補充に繋げるといったことも行える。
 呪縛を行う前の手札からのコールについても、解呪との相性が良いドロー能力を持つ《グロビュール・ドーベル》《磁気嵐のレディボンバー》等を配置して手札を補充したり、《メタレイア・メサイア》を配置してパワーの増加を狙う等、バトルフェイズ前の再展開や戦力確保を行いやすくするための補助として利用できる。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

世界の調和のため、「転変を招く者」として覚醒した「ネオンメサイア」の可能性のひとつ。
「メサイア」と呼ばれる未知の生命体が出現する際は、時空の乱れが非常に少ないことが確認されてきたが、
この個体も同様に、“ギアクロニクル”が観測する時空の乱れはほとんど見られなかったという。
内包するエネルギー量は過去に観測された他の「メサイア」と同等と見られており、直近では輝く隕石のようなエネルギー体を地上へ放ったことが確認された。
もし力を解放すれば甚大な被害が予測されるが、現時点では侵略の意思はない様子である。

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2016G-FC03/004 GR イラスト/増田幹生ただ表が裏になるだけのこと。恐れる理由はない。