オラクルシンクタンク/Oracle Think Tank [編集]

「オラクルシンクタンク」
信託魔術や未来予知、占術などの魔法と科学的推測を駆使してコンサルティングや経済予測業務を行う巨大企業。
また、恋占いや賭博の予測にいたるまで、世界各地で様々なニーズにこたえる情報メジャー。
人間や妖精などの占い師や魔道師が中心である。

【オラクルシンクタンクとは】
神託魔術や未来予知、占術などの魔法と科学的推測を駆使してコンサルティングや経済予測業務を行う巨大企業。
恋占いから国の行く末を占う大規模な行事にいたるまで、情報を中心としたありとあらゆる産業を一手に担う。

情報を狙う産業スパイ対策として、戦闘や警備を担うエージェントの育成・輩出に力を入れており、
そのノウハウから、騎士団に支給される新兵装の開発や、警備兵・魔女部隊の派遣等の後方支援も行う。

オラクルシンクタンク
 ケテルサンクチュアリの巨大コンサルタント企業。
 3000年前、旧ユナイテッドサンクチュアリの頃に比べると、海外規模は縮小されているがケテルサンクチュアリでは立法を担当、さらに浮島ケテルギアの動力源であり元々は古代に予言機械として造られた「ケテルエンジン」の管理・補修も請けおっており、その影響力は大きい。
 天才的な科学者や魔法使いたちで構成されたノーブルと呼ばれる上層部は古来より変わらず世界規模の予知・予言を追求し、エージェントとして女魔術師(ソーサレス)、ディヴァインシスター(バトルシスター)らが実務を担当している。なお、かつての呼び方では女魔術師(ソーサレス)=メイガス、ディヴァインシスター=バトルシスターとなる。

※注.本文中ではインヴィガレイトはオラクルシンクタンクからあげられた脅威分析レポートのことを、略称の「オラクル」と呼んでいる。

予言と占術──天輪聖紀のオラクルシンクタンク
 旧ユナイテッドサンクチュアリの時代から、ドラゴニア大陸北西に位置するこの神聖国家では、予言と占術が重用されてきた。未来を的確に予測し、言葉として紡がれるそれは国家の舵取りには極めて有効な情報であり、ケテルサンクチュアリとなってもその位置づけが変わることはない。

 予言と占いを生業とするオラクルシンクタンクは、神聖科学と魔術の国としての伝統を継ぐケテルサンクチュアリにおいても、国家に強い影響力を持っている。
 オラクルシンクタンクの前身は弐神紀の頃、アマテラスら卓越した予知能力者が集まり、各国の英雄に助言を与えたことに始まり、その歴史は神聖王国ユナイテッドサンクチュアリの成立よりも古い。
 その後、グローバル総合情報コンサルタント企業として最盛期を迎えたオラクルシンクタンクは、聖竜紀に意志ある予言書「ケテルエンジン」を完成。このケテルエンジンを元に予言することで、惑星クレイを度々見舞った侵略や天災などに対する備えとして、また国の内外を問わず未来に対する貴重な助言者としても力を発揮してきた。

 天輪聖紀のオラクルシンクタンクは、古い時代に比べると国外への働きかけは減っている。
 これはケテルサンクチュアリが国家として長く続けてきた閉鎖政策の結果だ。
 その一方で、無神紀(神格メサイアの加護が消滅し、運命力が極限まで減少。ケテルエンジンも機能を停止した「祈り無き時代」)の間もなお、いずれ世界を襲う脅威を警戒し、高位ノーブルたちは新しい予知・予言のシステムの研究を止めなかった。これが運命力が回復し、ケテルエンジンの修復と完全機能回復が進められる天輪聖紀において、再び世界の助言者・予言者集団としてのオラクルシンクタンクの復興に繋がっている。
 なおケテルサンクチュアリの国政において、オラクルシンクタンクは立法を担当している。
 同国の最高決定機関である円卓会議では、各クランの要望に従って立案された法律が採決を経て施行されるが、オラクルシンクタンク自身はごく限られた重要議題を除き、会議を欠席し委任することが多い。
 これは怠慢ではなく、むしろオラクルシンクタンクがケテルサンクチュアリにおける三権分立を尊重する姿勢だと捉えられている。
 最後に、ユナイテッドサンクチュアリからケテルサンクチュアリにかけて、オラクルシンクタンク内での呼称の変化に触れておく。
 旧来、メイガスと呼ばれていた者たちは、女魔術師(ソーサレス)と呼ばれている。
 予言や占術に通じる彼女たちは前述した意志ある予言書「ケテルエンジン」の機能修復と、同じくケテルエンジンを動力源とする浮遊都市群ケテルギアの飛行機能維持の任に当たっている。
 また、元はオラクルシンクタンク所属の戦闘集団として結成されたバトルシスターもディヴァインシスターと名を変えて地上に降り、郷士(ゴールドパラディン)と協力して庶民の暮らしと信仰を支えている。

概要 [編集]

 オラクルシンクタンクとは、カードファイト!! ヴァンガードにおけるクランの一つ。ユナイテッドサンクチュアリ(後のケテルサンクチュアリ)を拠点とする神託魔術や未来予知、占術などの魔法と科学的推測を駆使した巨大コンサルタント企業。

 CEOは「アマテラス」とされる。

 「オラクル(Oracle)」とは預言、神託、託宣。神の言葉。または、それを「受け取る人(預言者)」、「受け取る場所(神託所)」。「シンクタンク(Think Tank)」は、諸分野に関する政策立案・政策提言を主たる業務とする研究機関のこと。直訳[think-tank]は頭脳集団の意。

 自身の手札山札に働きかける能力に長けており、山札操作や手札の増強に秀でているのが特徴。

 また、ソウルの枚数を要件とする能力を持つカードも少なくないため、ソウルの枚数も重要な要素の一つとなっている。

 その他、デッキトップを複数見て、好きなカード手札に加える能力の存在も見られる。

 クラン能力は、『神託』。

 「天輪聖紀」時代では、かつての度重なる内乱と天災により、海外規模は縮小されているものの、ケテルサンクチュアリの立法や浮島「ケテルギア」の動力源である「ケテルエンジン」の管理・補修も請けているなど、新時代になっても巨大コンサルタント企業として活躍している。

  • 漫画での表記は「占術魔法団」。

種類別(新シリーズ) [編集]

グレード3 [編集]

―パワー23000 / シールドなし / クリティカル1

―パワー12000 / シールドなし / クリティカル1

グレード2 [編集]

―パワー12000 / シールドなし / クリティカル1

―パワー9000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー8000 / シールド5000 / クリティカル1

グレード1 [編集]

―パワー9000 / シールドなし / クリティカル1

―パワー8000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド15000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド0 / クリティカル1

―パワー6000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1

グレード0 [編集]

―パワー6000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+10000

クリティカルトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド30000 / クリティカル1 / パワー+10000

―パワー5000 / シールド15000 / クリティカル1 / パワー+10000

ドロートリガー [編集]

―パワー5000 / シールド5000 / クリティカル1 / パワー+10000

―パワー5000 / シールド0 / クリティカル1 / パワー+10000

ヒールトリガー [編集]

―パワー10000 / シールド15000 / クリティカル1 / パワー+10000

―パワー5000 / シールド20000 / クリティカル1 / パワー+10000

種類別(旧シリーズ) [編集]

Gユニット [編集]

―パワー15000+ / シールドなし / クリティカル1

―パワーなし / シールド15000 / クリティカルなし

グレード3 [編集]

―パワー11000 / シールドなし / クリティカル1

―パワー10000 / シールドなし / クリティカル1

―パワー9000 / シールドなし / クリティカル1

グレード2 [編集]

―パワー10000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー9000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー8000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド5000 / クリティカル1

グレード1 [編集]

―パワー8000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー6000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー6000 / シールド0 / クリティカル1

―パワー5000 / シールド5000 / クリティカル1

グレード0 [編集]

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー4000 / シールド10000 / クリティカル1

クリティカルトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー4000 / シールド15000 / クリティカル1 / パワー+10000

―パワー4000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

ドロートリガー [編集]

―パワー5000 / シールド5000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー4000 / シールド5000 / クリティカル1 / パワー+5000

スタンドトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー4000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

ヒールトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー4000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー3000 / シールド10000 / クリティカル1 /パワー+5000

関連リンク [編集]