ノヴァグラップラー/Nova Grappler [編集]

世界的に人気のあるプロ格闘技集団。
あらゆる武器、兵器、魔法、改造が許容されているため、無差別級の戦いはほとんど戦争と変わらない。
選手の多くが機械(マシン)種族だが、あらゆる種族が選手登録に存在する。
スターゲート最大の観光収入源である。

【ノヴァグラップラーとは】
世界的な人気を誇るプロ格闘家集団。その興行は「スターゲート」の大きな観光収入源である。
ノヴァグラップルにはありとあらゆる種族が選手登録可能で、武器、兵器、魔法の使用や改造が無制限に許可されている。
機械(マシン)選手が多いが、それらと互角の戦いを繰り広げる超人たちや、異星から訪れたエイリアンなどが参戦し、
通常の格闘技の常識を超えた戦いが繰り広げられる。
その戦いは地上だけではなく、機動兵器を駆ることで、海中や宇宙空間をもリングとしている。

ノヴァグラップル
 魔法・兵器・超能力、あらゆる戦闘手段が使用可能な総合格闘技。
 この競技に参加する者が「ノヴァグラップラー」である。
 興行の歴史は古く弐神紀まで遡ることができる(確認できる範囲でもおよそ1万年以上競技が続けられていることになる)。無差別級は興行的な盛り上がりに欠けるため、階級や制限を加えた多様な興行が存在する。代表的なしばりは、戦場(リング)の大きさを示す戦闘距離(バトルレンジ)である。人気があるクラスを上げるとすると、魔法・銃器・格闘技と最も多様な駆け引きが楽しめるオーソドックスな闘技場(アリーナ)級と、戦艦やロボットが交戦しビーム兵器が飛び交うど派手な銀河(ギャラクシー)級の2つである。天輪聖紀に入り、超新星格闘新時代を宣言、異星・異国からの観光客数は次々と最高記録を更新している。

概要 [編集]

 世界的に人気のあるスターゲートのプロ格闘技集団。

 ユニットスタンドすることを得意とし、軽快なフットワークでの連撃を得意とするのが特徴。

 また、ダメージゾーンカードを表にする手段にも恵まれている。
 その反動か肝心のカウンターブラストが少なく活かしにくい傾向があったが、カードプールの増加に伴ってある程度改善されている。

 その特性ゆえに、直接的なアドバンテージを得られる能力は少なく、悩みの種になることが多い。

 種族は〈バトロイド〉、次いで〈エイリアン〉が目立つが、上記の設定の通り〈ヒューマン〉なども時折存在する。

 あらゆる操縦者に対応させることをコンセプトにした「ライザー」シリーズ、決して倒れない不死身の戦士を目指して製造された機械兵士「デスアーミー」、ギャラクシー・ファイト発足時に製造された「ブラウ」シリーズ、製作者不明の獣や竜を象る機兵「獣神」、低年齢層を想定した「メチャバトラー」/「メッチャバトラー」シリーズ等、観客を飽きさせないためなのか様々な派閥の存在が見受けられる。

 ディメンジョンポリス共々リンクジョーカー襲来時に領土の一部を奪われたが、後に奪還している。

 クラン能力は、『闘魂(ラッシュ)』。

 新シリーズでは、旧シリーズと同様、スタンド能力に優れている他、ライドフェイズメインフェイズでいきなりアタックさせたり、フロントトリガーに着目した能力も登場している。

種類別(新シリーズ) [編集]

グレード3 [編集]

―パワー12000 / シールドなし / クリティカル1

グレード2 [編集]

―パワー12000 / シールドなし / クリティカル1

―パワー9000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー8000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー3000 / シールド5000 / クリティカル2

グレード1 [編集]

―パワー9000 / シールドなし / クリティカル1

―パワー8000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド15000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド0 / クリティカル1

―パワー6000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1

グレード0 [編集]

―パワー6000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1

クリティカルトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド30000 / クリティカル1 / パワー+10000

―パワー5000 / シールド15000 / クリティカル1 / パワー+10000

ドロートリガー [編集]

―パワー5000 / シールド5000 / クリティカル1 / パワー+10000

―パワー5000 / シールド0 / クリティカル1 / パワー+10000

フロントトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド15000 / クリティカル1 / パワー+10000

ヒールトリガー [編集]

―パワー10000 / シールド15000 / クリティカル1 / パワー+10000

―パワー5000 / シールド20000 / クリティカル1 / パワー+10000

種類別(旧シリーズ) [編集]

Gユニット [編集]

―パワー15000+ / シールドなし / クリティカル1

―パワーなし / シールド15000 / クリティカルなし

グレード3 [編集]

―パワー11000 / シールドなし / クリティカル1

―パワー10000 / シールドなし / クリティカル1

グレード2 [編集]

―パワー11000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー10000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー9000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー8000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド5000 / クリティカル1

グレード1 [編集]

―パワー8000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー7000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー6000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー6000 / シールド0 / クリティカル1

―パワー5000 / シールド5000 / クリティカル1

―パワー4000 / シールド5000 / クリティカル1

グレード0 [編集]

―パワー6000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1

―パワー4000 / シールド10000 / クリティカル1

クリティカルトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー4000 / シールド15000 / クリティカル1 / パワー+10000

―パワー4000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

ドロートリガー [編集]

―パワー5000 / シールド5000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー4000 / シールド5000 / クリティカル1 / パワー+5000

スタンドトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー4000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー3000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

ヒールトリガー [編集]

―パワー5000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

―パワー4000 / シールド10000 / クリティカル1 / パワー+5000

関連リンク [編集]