スターゲート/Star Gate [編集]

ルール無用の商業格闘集団に
宇宙人や異界の生命体が跋扈する
未知の大陸

 世界的に人気のあるプロ格闘技集団《ノヴァグラップラー》、数多のヒーローが所属する正義の集団《ディメンジョンポリス》、「虚無(ヴォイド)」の化身として惑星クレイを脅かした侵略者《リンクジョーカー》、不時着する外部世界からの訪問者《エトランジェ》の所属が見受けられる国家

 最も南にある大陸の所以なのか、〈バトロイド〉や〈エイリアン〉など「宇宙」を連想させるユニットが主体となっている。

 ノヴァグラップラーユニットスタンドすることを利用した連続攻撃で、ディメンジョンポリスパワーの増加と減少を利用した強力な一撃で、リンクジョーカー呪縛で相手の動きを文字通り束縛しての“逆転”をキーワードとした国家である。

 背景ストーリーでは、「星輝大戦(インベイション・グレイトウォー)」の折、制圧を行うのに都合が良い条件が揃っていたことからリンクジョーカーによる侵略の最初の標的となり、ノヴァグラップラーディメンジョンポリスは撤退を余儀なくされ、領土の約半分を「星輝兵」に制圧されてしまったが、後に領土奪還に成功、復興を果たしている。二度にわたる大戦で敗北したリンクジョーカーは、創世神《ハーモニクス・メサイア》の「調和と再生」の意志により、新たな生命体として蘇っている。

 「新聖紀」の終焉後にメサイアが姿を消し、3000年近く続いた「無神紀」には、世界各国に不安と混乱をもたらす中で、遊星ブラントに残された婢文の警告で果たすべき合意した結果、「ブラントゲート」に改称した。なお、他の国家とは異なり、クランの力を喪失したなどの状況ついては一切説明されていない。

  • 物語設定上では《エトランジェ》もこの国家に属するものの、コラボレーション枠の1つである為、惑星クレイの他25クランとの接点が非常に少ない。
    • 「アナザーヴァンガード 星導のアスカ」に登場する「ユニオンヴァース」、タイ語版限定のコラボクランである「The Mask Collection」もこれに属する。

属するカード [編集]

関連リンク [編集]