ユニット/Unit [編集]

 フィールドに置かれている、呪縛状態でもハーツ状態でもない、ユニットカードの総称。
 ヴァンガードリアガードガーディアンの3種類に分けられる。

 他のTCGと比較すると特異な点として、このゲームにはオーダーカードが導入された2020年までは「ユニットになるカード」しか存在しなかった。故に、ルール上この用語は「カードの種類」ではなく、「フィールドに置かれている(一部を除く)カード」のことを指している。

 また、上記のルール上の定義とは別に、特定のカードカードに描かれたキャラクターなどに対しても「ユニット」の呼称が使われることがある。
 ただ「カード」と呼ぶと少々味気ないというのもあるのだろう。

  • アニメや漫画におけるファイトでは、ファイター同士のイメージ内において、惑星クレイで戦闘している姿が描かれる。むろんファイター以外には確認することはできないが、専用のシステムを用いた場合や、リンクジョーカー(ディスティニーコンダクター)やカトルナイツ使徒などの特殊な力が介在したファイトの場合、ユニットがファイター以外にも視認できる形で投影される。
    • 作中では基本的に「遊⭐︎戯⭐︎王」シリーズに登場する「マジック&ウィザーズ(デュエルモンスターズ)」のモンスターのように「カードファイトでヴァンガードユニットを召喚して実体化させる」といったことは不可能とされている。ただし、「ヴァンガードG Z」における、使徒が〈ゼロスドラゴン〉を使用したファイトで勝利した際にゼロスドラゴンが召喚される描写や(カードでのファイトが行われない)2018年版の外伝「イフ-if-」における、魔法少女「ブラスター・ペア」のシュカが選んだユニットカードを『リアライズ!』の掛け声とともに召喚して実体化させる描写がされているといった例外もある。
      • また、「G」や「新右衛門編」における明神リューズの暗躍は「ユニットを地球に召喚・実体化させる」ことがその目的となっている。

関連リンク [編集]