先導(せんどう)アイチ [編集]

 先導アイチ(せんどう あいち)は「カードファイト!!ヴァンガード」の主人公。アニメでの声優は代永翼。

 名前の由来は、「先導者」と、「カードファイト!!ヴァンガード」原作者である「伊藤彰」氏の出身地である愛知県。

概要 [編集]

 後江(ひつえ)中学校に通う中学3年生(後に宮地学園高等部に進学)。
 内気な性格で、小学校時代にはいじめに遭っており、中学校でも本編開始まで友人と言える相手がいなかった。
 いじめられていた時期に偶然出会った櫂トシキから貰ったレアカード《ブラスター・ブレード》を心の支えにしているが、ファイトの経験はなかった。

 ある日森川カツミ《ブラスター・ブレード》を奪われたことがきっかけで櫂と運命の再会を果たす。彼との再戦を夢見てファイトを重ね、日々成長していく。
 その過程で葛木カムイ戸倉ミサキといった数多くの仲間やライバルと出会っていった。

経歴 [編集]

 初期の頃は敗北回数が多かったが、大体の相手には1度は勝利している。ただし、ミサキは3度対戦しているが、話の都合上もあり全て敗北している。

 カードの声を聴く能力「PSYクオリア」の才能を秘めており、彼がPSYクオリアに目覚めることはアニメ初期の物語の一つの鍵となった。
 アニメでは一時は暗黒面に落ち、《ブラスター・ブレード》ごとロイヤルパラディンを捨て、シャドウパラディンを使うほどに至ったが、櫂のファイトを通した説得で正気を取り戻す。
 その後第65話で能力を喪失するが、「アジアサーキット編」で再び取り戻し、正しい使い方を模索しながら戦うことになる。

 純粋な心で多くの人を惹き付け、同じPSYクオリアの能力者達をその闇から救ったこともある。
 反面、自己犠牲的な性格も相まって、何かと人のしりぬぐいや責任を押し付けられることが多い。

 「アジアサーキット編」では、突如立凪タクトによってすり替えられたゴールドパラディンと失われたロイヤルパラディンに戸惑いを感じながらもチームQ4のリーダーとしてアジアサーキットに出場。
 シンガポールステージではチームSITジニアスに、ソウルステージではチームNAL4に、香港ステージではチームドレッドノートに敗北するが、日本ステージでチームアンノウンに勝利し、決勝ステージに進出。
 虚無と蒼龍レオンの野望を打ち砕き、ロイヤルパラディンらを救出した。その後行われたファイナルステージで優勝する。

 「リンクジョーカー編」では高校生となり、宮地学園カードファイト部を立ち上げ、VF甲子園に出場するも雀ヶ森レン率いる福原高校に敗北。
 その後はリバースファイターとなった石田ナオキを元に戻すものの、しばらくリンクジョーカーとは無縁の日々を送っていた。
 夏合宿後、葛木カムイが最期の気力を振り絞ったことによりリバースの情報を知るものの、目の前で彼がリバースする光景を見たうえ、立凪コーリン櫂トシキも敵側であることを知って動揺してしまう。
 蒼龍レオンにそれを指摘された後、石田ナオキ小茂井シンゴが二人で宮地学園を救ったことを見て動揺を振り切る。
 その後、葛木カムイのリバースを解いた後、因縁の相手である櫂トシキとファイトするが敗れ、リバースしかけるが蒼龍レオン立凪タクトの活躍によって阻止できたものの、ファイトで負けたら死ぬ体になってしまう。
 それでも密かに立凪ビルを登り立凪コーリンのリバースを解き、戸倉ミサキに必ず戻ってくることを誓った。
 その後は増援に来た雀ヶ森レンと共に屋上を目指し、リンクジョーカーの化身となった立凪タクトを倒すが「シード」を植え付けられてしまう。
 リンクジョーカーが消滅した後に元凶といえる櫂トシキとファイトし、彼を改心させた。

 「レギオンメイト編」では前シリーズ終盤で自身の体に埋め込まれたリンクジョーカーの「シード」を押さえつけるため、自らに封印をかけて、封印をカトルナイツに守らせて犠牲になろうとしていた。
 地球にいる殆どの人物から自分の記憶を消去したが、櫂トシキ戸倉ミサキらが思い出してしまい、封印を守るカトルナイツとの抗争が引き起こされた。
 櫂トシキの発案で《ブラスター・ブレード》の剣で「シード」を分割し救出された。

 劇場版「ネオンメサイア」では伊吹コウジと交戦し、一度は敗れ《ブラスター・ブレード》を失いかけるが、立凪タクトを倒したことで《ブラスター・ブレード》が復活し、櫂トシキと共に再び伊吹コウジに挑み、《ハーモニクス・メサイア》を覚醒させて勝利する。
 その後、《ハーモニクス・メサイア》《ネオンメサイア》へと姿を変え、「根絶者」と決別した伊吹に手渡した。

 「カードファイト!! ヴァンガードG」では葛木カムイらと連絡を取っているような描写があり、第1話では彼らしき人物が新導クロノと大橋ですれ違っている。漫画版9巻の作者コメントでは『父親と共に海外に渡り、留学している』とのこと。

 「ギアースクライシス編」ではアメリカのイェール大学に似た大学にいることが確認でき、「Plan-G」における海外での仕事を殆ど引き受けていた様である。[1]
 そのため「Gクエスト」のアルティメットステージでチームQ4のメンバーとして出場していない。
 ギアースクライシス発動後はチームメンバーやラティ・カーティと共にトライスリーの為に露払いをした。

 「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」では、一時的に帰国し、旧友達と再会。
 ギアクロニクル使いである新導クロノにアメリカで手に入れた《時空竜 ビヨンドオーダー・ドラゴン》を渡した。

 「カードファイト!! ヴァンガードG Z」では櫂と共に変則タッグファイトにてカオスブレイカー(ディフライダー)を撃破するも勝利後、カオスブレイカーが自らを生贄にレリクスを再度出現させ、それに伴ってギーゼ(ディフライダー)が完全な覚醒を果たす。
 その後はギーゼが出現させた虚無の軍勢と戦った。

 漫画版第一部/2018年版(中学生編)でもアニメ同様に櫂から《ブラスター・ブレード》を貰い、カードキャピタルに通っている。団体戦の大会に出場していないのでチームQ4を結成しておらず、櫂の性格も比較的丸いので普通に接している。
 蒼龍レオンと初めて出会い、惑星クレイの風を感じた。
 地元のショップを守ろうとした葛木カムイを破った矢作キョウに怒り、PSYクオリアを発現させ勝利する。
 フーファイターとの決戦では、櫂と因縁を持つレンをも破り、良好な関係になった。
 アニメ版の様にPSYクオリアによる人格豹変は起こらないが、慣れが必要なのか新城テツとの戦いでは使いこなすことができず、雀ヶ森レンとの戦いの最中に完全に使いこなせるようになった。

 漫画版第二部/2018年版(高校生編)では、中学生の時にアジアサーキットで光定ケンジに勝利して優勝し[2]、ミサキと同じ宮地学園へ入学。[3]
 おおよそアニメに近い形で宮地学園カードファイト部を結成した。
 福原高校との練習試合後、伊吹コウジに出会い、そこから因縁が生じている。
 その後はデスティニー・コンダクターとなった立凪タクトの陰謀に巻き込まれ立凪レッカ率いるPSYクオリアゾンビの軍勢と戦い、小茂井シンゴらを元に戻した。
 しかし、立凪コーリンの手引きでPSYクオリアゾンビとなった石田ナオキに負けた事で自身もPSYクオリアゾンビと化してしまった。
 タクトの計らいで戸倉ミサキがコーリンを倒しても戻ることはなく、目覚めてからは性格が豹変し、倒せる可能性があるのは櫂だけと評される程強くなっている。
 彼を助ける為にファイトしたミサキをPSYクオリアゾンビにして行動を共にしている。
 コーリンによるとアイチの仲間が欲しいという欲求を利用されているとのこと。[4]
 櫂やテツ、キョウをデリートした伊吹には強い憎しみの感情を持っており立凪タクトの静止を跳ね除けて勝負に挑んだ。6ダメージを受けた事でPSYクオリアゾンビごとデリートされたが、惑星クレイとの同調によってヒールトリガーを引き当て、《アークセイバー・ドラゴン》の力で勝利した。
 「ディスティニーコンデクター」とのファイトでは《メサイアニック・ロード・ブラスター》を覚醒させ勝利した。

 2018年版「続・高校生編」ではコーリンの介在がリセットされた影響で、部員が一人足りず廃部の危機に陥る。
 それを避けるために生徒会メンバーとの対抗戦に臨み、まずは初心者である生徒会をティーチングファイトすることとなる。対抗戦の最終戦では生徒会長の内藤タテワキにアドバイザーにつけさせられるも、トリガーユニットが全て山札から出てしまい内藤は敗北。廃部は免れた。
 その後、那嘉神エルと生徒会メンバーを加えて9人になったカードファイト部でヴァンガード甲子園に臨み、一人足りない部員や、集合写真の不自然な空白の謎を解くため優勝を目指す。

 激闘を制し優勝を手にしたが、直後に乱入して来たコーリンからカードファイト部の入部を賭けたエキシビジョンマッチを挑まれ、無意識下のイメージに根差す彼女の気迫に圧倒され敗北。
 最終話ではウルトラレアの活動拠点移動により渡米するコーリンを部員たちとともに見送った。

 「カードファイト!! ヴァンガード外伝イフ-if-」では、ヴァンガードを消滅させるために「ジャマー」を送り込み、大規模な歴史改変を行う宿敵として登場。「サンクチュアリ」と呼ばれる怪しげな城に居座っており、何故か妹のエミと対立していた。
 その原因は、「《ブラスター・ブレード》(Vシリーズ)まだ戦いたい気持ちに反応してシュカが櫂の手から回収してしまい、アイチの手に渡らなかった結果、先導アイチがヴァンガードを憎んでしまったこと」であることが判明した。
 また、存在そのものが歴史から消えてしまっており、この余波でアイチに関わる人物もエミ達や、本物の超能力者になっていたエルなど一部を除きアイチを忘却しているという「レギオンメイト編」に近い状況が発生していた。

 この歴史には本来存在しないはずの「奇跡のカード」こと《マジェスティ・ロードブラスター》(フォース)が状況を打開する切り札だったが、イフ13においてその力をエミ達が使いこなせていないことを利用し、自身がライドして奪取。
 シュカによって《ブラスター・ブレード》(Vシリーズ)が櫂から奪われた「始まりの日」を戻させないようその力で妨害していた。

 ファイターとしての記憶が正史から引き継がれており、その目的は「ヴァンガードによって不幸になる人が出ないようにすること」。櫂と出会った運命の日が改変されていることを立凪タクトから聞かされたのがそのきっかけとなった模様。
 その中で、櫂が家族と共に平和に過ごしている光景を見たことで、それを失わせまいとより頑なになっていた。
 ゆがめられた歴史を良しとせず、改変前の記憶を取り戻した櫂やレン、エミ達と激突を繰り広げ、シュカの回収したユニットたちを全て白紙化するなどの圧倒的な力を見せつけるが、シュカがバインダーを焼却し、ユニットたちを解放したことで《マジェスティ・ロードブラスター》(フォース)へのライドが強制解除され無力化、エミの一撃でノックアウトされた。
 しかしそれでもヴァンガードの消滅を諦めず、アカシックブックを利用してユニットを消し去りつつサンクチュアリを沈めて修正を不可能にし、「櫂が家族との日々を送れる歴史」への執念を見せるが、スイコを通じて奪回された《マジェスティ・ロードブラスター》(フォース)がエミによってリアライズ、それにライドした伊吹コウジによって喝破、打倒され、歴史は修正された。

 また、同じくブシロード制作のアニメ「フューチャーカード バディファイト」4話に、ショッピングモールで行われたファイトの観客として葛木カムイと共にゲスト出演している(別のカットでは櫂トシキ雀ヶ森レン新城テツ(後ろ姿)、宮地学園カードファイト部の面々も出演)。

人間関係 [編集]

  • 先導シズカ
    • 母。
  • 先導エミ
    • 妹。中3までエミに起こして貰わないと起きられなかったらしい。
    • 「イフ-if-」では書き換えられた歴史を元に戻そうとする彼女と対立することになる。
  • 櫂トシキ
    • チームQ4及び「メイト」の一人。アイチの先導者であり、小学生時代に彼から《ブラスター・ブレード》を貰った。アイチの目標であると共に最大のライバルだが、お互い相手の強さに対してコンプレックスを抱いているという若干ややこしい関係。
    • 時折友情を超えた感情を見せる素振りがあり、アニメ初期は彼がいないことで落ち込む姿を「恋人に振られたみたい」と言われていた。
    • 当初は圧倒的な強さを持つ彼に追い付こうとした結果、PSYクオリアに覚醒するもその力に溺れてしまった。後にその姿を見て自分の過ちを悟った櫂によって闇から救われることになる。
    • 2011年版は彼とアイチの関係性が物語の主軸になっており、基本的にアイチが櫂の背を追っているが「レギオンメイト編」ではこの関係性が逆転している。また2018年版の外伝「イフ-if-」では、歴史改変に際して彼が両親と共に平和に過ごしている光景を見た結果、それを続けさせるために歴史の修正を執拗に妨害していた。
  • 葛木カムイ
    • チームQ4及び「メイト」の一人。エミがカムイの想い人であることから「お義兄さん」と呼ばれているが、後に実の兄弟以上の信頼関係を築く。
  • 三和タイシ
    • 櫂の友人で「メイト」の一人。基本的に櫂繋がりの関係だが、不愛想で口下手な櫂をフォローしつつアイチを気にかけている。
  • 森川カツミ
    • 後江中学の同級生。彼に《ブラスター・ブレード》を奪われたことが物語が始まるきっかけとなった。森川からは勝手に一番弟子に認定されている(ただ彼にカードを奪われなければファイターにならなかった可能性が高いため、そういう意味ではアイチの先導者の一人と言えなくもない)。
  • 井崎ユウタ
    • 後江中学の同級生。「リンクジョーカー編」では大した差がなかったアイチに大きく離されたことを実感し、VF甲子園で大熱戦を演じる。
  • 雀ヶ森レン
    • 「PSYクオリア編」における最大の強敵。PSYクオリアに溺れ己を見失っていた彼と戦い、解放した。以降、互いに良き理解者となっていく。
      「リンクジョーカー編」では彼ならばリバースした櫂に勝てると確信するほどに信頼し、「レギオンメイト編」でもレオンと共にカトルナイツに選ぶほどの信頼関係がある。
  • 蒼龍レオン
    • 同じくPSYクオリアの能力者であり、「アジアサーキット編」における最大のライバル。「虚無」に唆された彼によってロイヤルパラディンを一時失うが、VFサーキットを経て彼の道を正した。レンと同様に互いに良き理解者であり、「レギオンメイト編」でカトルナイツに選ぶほどに信頼している。
  • クリストファー・ロウ
    • 「アジアサーキット編」で過去の自分と重ね、PSYクオリアの闇から解放した。
      カトルナイツの候補として彼には声を掛けなかったが、クリス自身にとっては恩人であり、対等な友人関係になっている。
  • 立凪レッカ
    • PSYで出迎え、いきなり間近で顔を見るなど大胆なことをしていた。アイチとコーリンの仲をからかうのはレッカの楽しみの一つにもなっている。
    • 「リンクジョーカー編」ではファイターとして興味を強くし、同好会とカードファイト部の交流試合で対戦した。

デッキ構成 [編集]

主な使用カード [編集]

戦績 [編集]

アニメ「カードファイト!!ヴァンガード 初期」 [編集]

アニメ「カードファイト!!ヴァンガード 初期」通算成績:25戦15勝10敗1中断

話数対戦相手勝敗備考
カードキャピタル
1-2話櫂トシキ勝利
3話森川カツミ勝利
4話戸倉ミサキ敗北
5話葛木カムイ敗北
カードショップPSY
6話コーリン敗北
カードキャピタル
8話岸田オサム勝利
ショップ大会
9話井崎ユウタ勝利
10-11話ニンジャマスターM勝利
12-13話葛木カムイ敗北
カードショップ男前
14話大文字ゴウキ敗北
地区大会(1回目)
16-17話黒沢ヒカル勝利
21-22話大文字ゴウキ勝利
24話戸倉ミサキ敗北
全国大会(1回目)
27-28話龍堂グンジ敗北
31-32話新城テツ敗北
合宿
34話臼井ユリ敗北
ショップ大会(2回目)
38話三和タイシ勝利
地区大会(2回目)
40話パルファン勝利「PSYクオリア」発動
41-42話矢作キョウ勝利
43話コーリン勝利【シャドウパラディン】使用
全国大会(2回目)
45話龍堂グンジ勝利【シャドウパラディン】使用
48話美童キリヤ勝利
裏ファイト場
49-50話櫂トシキ中断【シャドウパラディン】使用
カードキャピタル
51話森川カツミ敗北
全国大会 決勝トーナメント
55-56話光定ケンジ勝利
63-65話雀ヶ森レン勝利

アニメ「アジアサーキット編」 [編集]

アニメ「アジアサーキット編」通算成績:16戦12勝4敗

話数対戦相手勝敗備考
67話櫂トシキ敗北
68話葛木カムイ勝利
VFサーキット・シンガポールステージ
71-72話ジャック勝利
73話クリスタル勝利
74-76話クリストファー・ロウ敗北
VFサーキット・ソウルステージ
79話キジカ勝利特殊ルール「RAD」[6]
80-81話雀ヶ森レン敗北特殊ルール「2S8E」[7]
86話葛木カムイ勝利
VFサーキット・香港ステージ
87-88話テレンス・ラウ フェリックス・ラウ勝利タッグファイト(パートナー戸倉ミサキ)
90-91話蒼龍レオン シャーリーン・チェン敗北タッグファイト(パートナー葛木カムイ)
92話葛木カムイ勝利
カードショップPSY
92話コーリン勝利
VFサーキット・日本ステージ
95話龍堂グンジ勝利
97話キングZ(六月ジュン勝利
VFサーキット・ファイナルステージ
100話クリストファー・ロウ勝利
103-104話蒼龍レオン勝利

アニメ「リンクジョーカー編」 [編集]

アニメ「リンクジョーカー編」通算成績:17戦12勝3敗2中断

話数対戦相手勝敗備考
VFサーキット決勝戦
105話クリストファー・ロウ勝利
カードキャピタル
105話石田ナオキ勝利
河原
108話金剛イッキ勝利
宮地学園
109話戸倉ミサキ敗北
後江高校
111-112話森川カツミ勝利森川カツミは櫂トシキ【かげろう】デッキ使用
宮地学園中等部
115話立凪レッカ勝利
VF甲子園予選会場
121話井崎ユウタ勝利
VF甲子園予選決勝会場
123-124話雀ヶ森レン敗北
カードキャピタル
126話石田ナオキ勝利石田ナオキЯ
カードキャピタル
128話葛木カムイ勝利
林間学校
140話立凪コーリン中断立凪コーリンЯ
カードキャピタル
148話蒼龍レオン中断
立凪ビル前
151話葛木カムイ勝利葛木カムイЯ
立凪ビル前
153-154話櫂トシキ敗北櫂トシキЯ
立凪ビル
157話立凪コーリン勝利立凪コーリンЯ
立凪ビル屋上
160-161話立凪タクト勝利立凪タクトリンクジョーカー憑依
162-163話櫂トシキ勝利櫂トシキЯ

アニメ「レギオンメイト編」 [編集]

アニメ「レギオンメイト編」通算成績:2戦1勝1敗

話数対戦相手勝敗備考
聖域・月の宮
187話フィリップ・ネーヴ勝利
193-194話櫂トシキ敗北

劇場版「ネオンメサイア」 [編集]

ネオンメサイア通算成績:3戦2勝1敗

話数対戦相手勝敗備考
メサイアスクランブル予選
伊吹コウジ敗北
立凪タクト勝利50戦以上敗北の後勝利
メサイアスクランブル決勝
伊吹コウジ勝利変則タッグファイト(パートナー櫂トシキ)

アニメ「カードファイト!!ヴァンガードG NEXT編」 [編集]

アニメ「カードファイト!!ヴァンガードG NEXT編」通算成績:3戦2勝0敗1不明

話数対戦相手勝敗備考
カードキャピタル1号店
26話葛木カムイ勝利ダイジェスト
カードキャピタル2号店
26話-27話新導クロノ勝利
先導家
29話伊吹コウジ不明

漫画版 [編集]

漫画版通算成績:23戦17勝4敗2不明

話数対戦相手勝敗備考
1巻
カードキャピタル
#001櫂トシキ勝利
#002三和タイシ敗北
葛木カムイ勝利
#003戸倉ミサキ勝利
後江中学校CF研究部
#004森川カツミ勝利
2巻
カードショップ GoTo
#007-#008矢作キョウ勝利PSYクオリア覚醒
3巻
カードショップ
#012ガン勝利
プロフェッサーO勝利
#013新城テツ敗北
4巻
フー・ファイタービル
#018-#019雀ヶ森レン次巻に続く
5巻
フー・ファイタービル
#020-#021雀ヶ森レン勝利
カードキャピタル
#021-#024櫂トシキ敗北櫂トシキがPSYクオリアを発現
6巻
アジアサーキット大会個人戦決勝
#025光定ケンジ勝利
7巻
福原高校カードファイト部
#032鳴海アサカ勝利
#034雀ヶ森レン不明
カードキャピタル
#035櫂トシキ不明
9巻
カードショップ
#043プロフェッサーO勝利プロフェッサーOPSYクオリアゾンビ
ガン勝利ガンPSYクオリアゾンビ
宮地学園カードファイト部
#046-#049石田ナオキ敗北石田ナオキPSYクオリアゾンビ
10巻
立凪邸 室内
#058戸倉ミサキ勝利先導アイチPSYクオリアゾンビ
11巻
立凪邸 庭園
#061-#065伊吹コウジ勝利先導アイチPSYクオリアゾンビから解放
12巻
立凪邸 庭園
#067-#73立凪タクト勝利立凪タクト「ディスティニーコンダクター」
ヴァンガード甲子園 準決勝
#075櫂トシキ勝利
ヴァンガード甲子園 決勝
#075雀ヶ森レン勝利

リメイク版 [編集]

リメイク版通算成績:25戦17勝6敗不明2

話数対戦相手勝敗備考
カードキャピタル
イメージ2櫂トシキ勝利
イメージ3三和タイシ敗北
葛木カムイ勝利
イメージ4戸倉ミサキ敗北
後江中学校CF研究部
イメージ5森川カツミ勝利
カードキャピタル
イメージ10蒼龍レオン敗北
カードショップ ヴォヤージュ
イメージ14矢作キョウ勝利PSYクオリア覚醒
カードショップ
イメージ17ガン勝利
イメージ19プロフェッサーO勝利
イメージ19~20新城テツ敗北
フー・ファイタービル
イメージ23雀ヶ森レン勝利
カードキャピタル
イメージ24~25櫂トシキ敗北櫂トシキがPSYクオリアを発現
アジアサーキット大会個人戦決勝
イメージ27蒼龍レオン勝利蒼龍レオンがPSYクオリアを取得
カードキャピタル
イメージ28葛木カムイ勝利
福原高校カードファイト部
イメージ32鳴海アサカ勝利
イメージ33雀ヶ森レン不明
カードキャピタル
イメージ34櫂トシキ不明
カードショップ
イメージ40プロフェッサーO勝利プロフェッサーOPSYクオリアゾンビ
イメージ41小茂井シンゴ勝利シンゴOPSYクオリアゾンビ
宮地学園カードファイト部
イメージ42石田ナオキ敗北石田ナオキPSYクオリアゾンビ
立凪邸 室内
イメージ46戸倉ミサキ勝利先導アイチPSYクオリアゾンビ
立凪邸 庭園
イメージ48~49伊吹コウジ勝利先導アイチPSYクオリアゾンビから解放
イメージ50~51立凪タクト勝利立凪タクト「ディスティニーコンダクター」
「続・高校生編」
カードキャピタル
ディメンジョン2諏訪部イツキ勝利ティーチングファイト
ヴァンガード甲子園 準決勝
ディメンジョン11櫂トシキ勝利
ヴァンガード甲子園 決勝
ディメンジョン12雀ヶ森レン勝利
ディメンジョン14立凪コーリン敗北エキシビジョンマッチ

小説版 [編集]

小説版通算成績:7戦3勝4敗

話数対戦相手勝敗備考
カードファイト!!ヴァンガード
浜音ヒロ敗北
浜音ヒロ勝利
アジアサーキット編
相模ヒエリ敗北
相模ヒエリ勝利
アジアサーキット編 戦え! 友情のタッグファイト
汽水ハルト勝利
汽水タカキ敗北アイチは手加減していた
櫂トシキ雀ヶ森レン敗北タッグファイト(パートナー汽水タカキ)

関連リンク [編集]


[1] 当初は明神リューズ側についたセラと戦う予定があったようだが様々な事情でカットされたらしい。
[2] 旧アニメ版と違い個人戦である。
[3] 2018年版アニメではレオンで、この大会も個人戦だった。
[4] 通常のPSYクオリアゾンビは基本的に自我が残るが、何故か彼だけアニメ版のリバースの様に自分の欲望を抑えられなくなっている。
[5] レギオンメイト編の櫂の回想では、コーリンから貰った事になっている。
[6] リアガードのアタックでも「ドライブチェック」を行うルール。ただし、リアガードドライブチェックで出たカードはデッキボトムに置く
[7] ダメージゾーンに表のカードを2枚置いた状態からゲーム開始、ダメージゾーンが8枚以上で敗北となるルール。