クラン [編集]

 ユニットがどんな組織に所属しているかを表している情報。

概要 [編集]

 カード右下、種族の上に記載されている。

 現行の公式・公認大会環境では、(一部の例外を除き)単一クラン構築のデッキのみ参加できる大会が主流である為、1つのクランを中心としてデッキを組むは事実上必須である。

 トリガー効果を適用するためには、フィールド上にそのカードと同じクランヴァンガードリアガードがいなければならない。また能力にも、同じクランのユニットの存在を条件とするものが数多く見られる。

 クランが記載されている部分の背景色は国家を表している。「カードファイト!! ヴァンガードG」シリーズ及び「カードファイト!! ヴァンガード」新シリーズのカードは、《クレイエレメンタル》やコラボクラン(《刀剣乱舞》など)を除きクラン名の右で国家のフラッグも表している。また、かつての公式構築条件Gレギュレーションでは、国家アイコンの有無がカードの使用可否に関わるものも扱われていた(例外もある)。

 「カードファイト!! ヴァンガードoverDress」シリーズでは構築区分がクランから国家に変更された為、クランが記載されている部分も国家に変更され、国家のフラッグがカード名の右に移動される。

  • エトランジェ》ではないコラボクランは国旗のフラッグの代わりにロゴタイプを右に表している。
  • ライドコール超越ブーストはクランに関係なく行える。
    例えば《ぬばたま》をライドするには《ぬばたま》、《メガコロニー》をブーストするには《メガコロニー》、《エンジェルフェザー》を超越するなら《エンジェルフェザー》のヴァンガードが存在するときに《エンジェルフェザー》を捨てる、というような縛りは存在しない。
  • 俗称であるが、「アニメ等のメインキャラクターが使用するクラン」「アニメ等のサブキャラクターが使用するクラン」という意味で「メインクラン」「サブクラン」という言葉がある。
    • メインキャラクターは作中でのファイトも多く、その分新カードを使う機会も多い為、いわゆるメインクランはエクスパンションに収録されることが多い。一方でサブキャラクターはファイト回数が限られる都合上、いわゆるサブクランはパックの収録機会がアニメシリーズごとに1~2回であることが多い。アニメシリーズごとに区切られるため、収録期間が1年以上開くこともある。

クラン一覧(「overDress」シリーズ) [編集]

ドラゴンエンパイア [編集]

ダークステイツ [編集]

ブラントゲート [編集]

ケテルサンクチュアリ [編集]

ストイケイア [編集]

リリカルモナステリオ [編集]

全所属 [編集]

無所属・他 [編集]

クラン一覧(旧シリーズ) [編集]

ユナイテッドサンクチュアリ [編集]

ドラゴンエンパイア [編集]

スターゲート [編集]

ダークゾーン [編集]

メガラニカ [編集]

ズー [編集]

全所属 [編集]

無所属 [編集]

関連リンク [編集]