惑星(わくせい)クレイ [編集]

地球と似た形の惑星。神や悪魔、ドラゴンや妖精の存在が忘れ去られず、魔法と科学が共に研究され、技術として確立された世界である。
独自の文明を発達させた国家が、各大陸を支配している。

 このゲームに登場するユニットが住まう惑星であり、ユニット設定で語られる背景ストーリー、小説「惑星クレイ物語」の舞台でもある。

 言うまでもなく我々にとっては架空の世界だが、漫画やアニメの世界では、一般的には『カードゲーム「ヴァンガード」』の中の架空の世界とされつつも劇中で実在が明言されている。
 つまり、「惑星クレイ」とはこのゲームにおけるイメージの中の世界観であり、ほぼ全てのユニットのキャラクター設定の舞台になっている概念である。
 なお、小説「惑星クレイ物語」とアニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」で語られる惑星クレイに纏わる事柄にはそれぞれの繋がりを意識した描写も見られるが、世界観を共有しているわけではないので混同しないようにしたい。

 実態としては地球とは別の宇宙に浮かぶ惑星であり、いわゆるファンタジー世界。「地球によく似た惑星」上に様々な国家が存在し、それに応じて多様な技術が発達している。
 その中にはサイボーグなどの科学技術も含まれるため地球に似ているかというと疑問も浮かぶところだが、「似た形の惑星」という表現もされているので地球と同じ環境を持った惑星という意味合いだろう(少なくとも地球人が降り立っても問題なく活動可能)。
 ただ、《オラクルガーディアン アポロン》のユニット設定に「ギリシャ彫刻」の表記が見られることから、惑星クレイにとっても別惑星としての「地球」という概念は知られているようである。

 クレイの住民だけでは判断ができない事態が発生した場合、「祈り聞く者」と呼ばれる、地球にいる「先導者」の判断を仰いでいる。
 PSYクオリアはこの「判断」のため、「先導者」の候補となるファイターとクレイをリンクするために発現されるものであり、地球とクレイを繋ぐ「運命力」を五感で読み取るための能力。ユニットの声を聴く、最適なプレイングがイメージとして浮かぶなどの能力はあくまでその副産物である(2018年版の櫂など、イメージ力の上昇により自力で覚醒するファイターもいる)。

 明言はされていないが、運命力の繋がりが発生したのは、アニメ版の過去に当たる時期[1]新導クロノがクレイへの道を偶発的に開いたことが原因であることが示唆されている(この関係からか、クロノは《クロノ・ドラン》をはじめとするギアクロニクルの先導者として位置付けられている)。
 
 乱暴に言えば、「ファイターがユニットにライドしてクレイで戦う」というイメージ上の出来事が、そのままクレイでも同じように繰り広げられるという形で反映される。一例として2011年版における全ての事件は、クレイにおいてもキーパーソンとなった「祈り聞く者」の分身となるユニットとそのクランが同様の顛末を辿る形で引き起こされている。

 この惑星の全ての始まりは、約160億年前、全ての可能性を内包した虚無(ヴォイド)の世界に、「クレイ」という名の惑星が誕生したのが始まりとされている。やがて、ひとつの指向性を帯び「クレイズイデア」と呼ばれる存在が生み出され、その後時代が流れるにつれて、惑星最初の住人「クレイエレメンタル」の出現(新生紀)→史上初の神格「始祖創世竜」誕生と科学文明の興亡(創世竜紀)→《ハーモニクス・メサイア》《破壊の竜神 ギーゼ》の出現と魔法文明の発展(弐神紀以降)へと至ったとされる[2]

「弐神紀」時代では、惑星クレイ史上最大の災厄《破壊の竜神 ギーゼ》の出現により、世界そのものが滅亡しかけそうになるものの、創世神《ハーモニクス・メサイア》との戦い(弐神戦争)で敗れたギーゼは、メサイアの手によって封印された。

 それ以降(聖竜紀〜新聖紀)は、創世神《ハーモニクス・メサイア》の加護のもとで、多くの国家クランが繁栄していたが、復活を遂げた《破壊の竜神 ギーゼ》を巡る戦い(第二次弐神戦争)の末、ギーゼの滅亡とメサイアの消失によって運命力の繋がりがストライドゲートごと閉じられたことで、神の加護と「先導者」の導きを失った「無神紀」に突入した。

 3000年に渡る混乱を経て旧来の体制は変革を強いられ、多くの国家は分裂するか、とある者の教えによって新たな体制に移行していった。そして、天輪聖竜の卵の孵化により、長く続いた「無神紀」がようやく終息し、「天輪聖紀」を迎えた。しかし、早くも「煌結晶(ファイア・レガリス)」を巡る新たな騒動が起きつつある。

 また、メディアミックス作品限定ではあるが、「みにヴぁん ら~じ」に登場する星「アニヴェルサーリオ」はクレイの衛星であり、クレイよりも強く直接的にイメージが反映されるため、時代を超えて多くのファイターをコールして開拓を行っている。

 基本的にゲームそのものと無関係な背景設定だけに、公式サイトにも深い説明はないが故に、惑星クレイの設定に関しては不明瞭な部分も決して少なくはない。実情はフレーバーテキストや「今日のカード」における数多の文章から断片的に窺える程度ではあるが、これらに目を向けたり、イメージしてみるのもこのゲームの1つの楽しみ方といえよう。

関連リンク [編集]


[1] Gシリーズの回想シーンと2018年版の「新右衛門編」後半以降に該当。
[2] 世界観コラム ─ 解説!惑星クレイ史より