ゼロスドラゴン/Zeroth Dragon [編集]

◆ギーゼの生み出した破壊兵器「ゼロスドラゴン」
クレイの大地を完全に支配に置いた破壊の竜神「ギーゼ」が、惑星中の精霊と自分の力の一部を融合して創り上げた強大な兵器。疑似的な「超越生存体」であり、生命体というよりは精霊のような無形の存在に近い性質を持つ。まず、ギーゼは精霊がより多く集まる地点に、自身の力を込めた「破壊の竜骨」なる巨大な楔を打ち込んだ。竜骨は周囲の精霊を根こそぎ取り込み、まるで受肉するかのように各地の特性に応じた竜の姿を象った。こうして創られた6体の「ゼロスドラゴン」は、それぞれ「絶海」「獄炎」「死苑」「終焉」「星葬」「極天」と呼称された。ゼロスドラゴンは人智を超えた強大な力で、数多くの光の戦士を屠ったが、幾度も立ち上がる戦士たちの気勢に圧され、最後はギーゼと共にメサイアに討たれた。しかし、ゼロスドラゴンの核となる竜骨にはギーゼの強い怨念が宿っており、メサイアの力を以てしても完全には砕けない。この時取れる唯一にして最良の措置は、誰も手の出せない星の奥深くに、竜骨を封印することであった。だが、ギーゼの支配によって枯渇したクレイでは、封印の負荷に耐えることができない。やむを得ず、メサイアは生命力に満ち溢れていたもう一方の惑星に、竜骨を封じたのである。

概要 [編集]

これに属するカードは各国家にまたがって属しており、いずれも究極超越スキルを持っている。

  • 背景設定上では、神格《破壊の竜神 ギーゼ》惑星クレイ中の精霊と自分の力の一部を融合して創り上げた強大な兵器かつ破滅を呼ぶドラゴンとされている。それぞれ惑星クレイの各国家に対応した力を持ち、「絶海」「獄炎」「死苑」「終焉」「星葬」「極天」と呼称された6体が存在している。
    • その核となる「破壊の竜骨」には、ギーゼの強い怨念が宿っているため、メサイアの力を以てしても完全には破壊することはできず、弐神戦争の最中には、本体と切り離すために誰の手も届かぬよう、英雄フィデスと共に生命力に満ち溢れていた「重なり合う世界」(地球)へと転移して封印されていた。
    • その後、長い年月を経て、行方をくらましていた使徒たちが最後の暗躍を開始し、地球へ降り立ってこの封印を解き、次々と解放されたが、第二次弐神戦争の末に本体であるギーゼが滅ぼされたことで、6体のゼロスドラゴン自身も精霊へと姿を変えて消滅していった。
  • アニメ「カードファイト!!ヴァンガードG Z」では、ギーゼ使徒たちが使用するカードである。
    • これらのカードを使用する際には自らの可能性すべてを賭けなければならず、勝てば「世界よ、沈黙せよ!」という口上と共に使用されたゼロスドラゴンが召喚され、実体化する。負ければゼロスドラゴン以外のGゾーンカードが全て消滅し、惑星クレイとの運命力による繋がりが絶たれる。消滅したGゾーンカードは二度と戻らないとされているが、新導クロノは第17話で惑星クレイとの運命力の繋がりと共に取り戻すことに成功している。使徒の全滅後、最終的には第19話で全てのゼロスドラゴンがギーゼ(ディフライダー)の手に渡った。
    • ヴァンガードサークルからGゾーンに表で置かれる際のGゾーン除外する演出は、第8話では手で弾き飛ばしたり、第10話では傍に居たダークフェイス(ディフライダー)に手渡す等であったが、以降は風のようなもので、テーブルの下に落ちるようになっている。
    • 超越する際の台詞は概ね、「我が未来を食らい顕現せよ、(国家名)のゼロスドラゴン! アルティメットストライド!《(固有名)》!」となっている。
    • アニメ版では、ギーゼとの戦いが終わった後にゼロスドラゴンがどうなったかは明言されていないが、恐らく上記の背景設定と同様にギーゼ共々消滅したと思われる。

国家別 [編集]

ユナイテッドサンクチュアリ [編集]

-Gユニット

ドラゴンエンパイア [編集]

-Gユニット

スターゲート [編集]

-Gユニット

ダークゾーン [編集]

-Gユニット

メガラニカ [編集]

―Gユニット

ズー [編集]

―Gユニット

関連リンク [編集]