メサイア/Messiah [編集]

【メサイア】
創世神メサイアのこと。
「調和」を司る惑星クレイの神格。
かつて科学しか存在していなかった惑星クレイに新たな法則・魔法を誕生させた。
ギーゼとは対となる存在であり、ギーゼの消滅した現在、メサイアはその役目を終え、より大いなる神格「クレイズイデア(イデア)」の一部へと還っている。

 種族の一つ。

  • 背景設定上では「弐神紀」以降に出現した、調和を司る神格である創世神《ハーモニクス・メサイア》を指すことが多い。
     資源の枯渇への解答として、かつて「創世竜紀」時代に科学文明として栄えていた惑星クレイに新たな法則「魔法」をもたらしたとされている。しかし、この時代には対となる破壊神《破壊の竜神 ギーゼ》も出現し、これが「新聖紀」まで続く2つの神格の争いの要因にもなる。
    • 弐神戦争時には、その破壊神の手により世界各地で天災が如き被害をもたらしつつ、なんとか勝利を収めギーゼを封印。終戦後は、歪みを抑えていた末に力尽き眠りについたが、「聖竜紀」で「メサイア・スクランブル」の際に再び覚醒し、かつて惑星クレイを襲撃していたリンクジョーカーをその母星と融合させ、新たな子を守るための化身を顕現させる。自らも次世代のリンクジョーカーを庇護する為に新たな姿へと変化した。
  • 「新聖紀」以降は、スターゲートの山地で次世代のリンクジョーカーと共に穏やかな日々を過ごしていたが、対存在であるギーゼの復活を感じ取り、創世を司る竜神としての本能へ再び覚醒。
    • ギーゼの復活によって再び絶望的な戦闘に突入する中、破壊神に対抗できる可能性を持ち得る可能性がある「クロノジェット」に残りの力を託した。そして決戦で《破壊の竜神 ギーゼ》は、突貫した《クロノバイザー・ヘリテージ》と相打ちになる形で滅亡。終戦後は自らも神格としての役割を終えてイデアへ還り、長きに渡る2つの神格の争いが終幕した。
      • しかし、彼らの消失によって「祈り無き時代」と呼ばれる時代(無神紀)に突入し、以降惑星クレイでは古代から暁紅院に祭られてきた聖なる太陽の竜の覚醒まで3000年の間、長い暗黒期を迎えることになる。
  • 「メサイア(messiah)」とはユダヤ教における救世主のことである。ヘブライ語で「油を注がれた者」を意味する。本来の綴りのヘブライ語では「マーシアハ」(メシア)となる。

クラン別(新シリーズ) [編集]

リンクジョーカー [編集]

ーグレード3

ーグレード0

ートリガーユニット

クラン別(旧シリーズ) [編集]

リンクジョーカー [編集]

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

無所属 [編集]

―Gユニット

関連リンク [編集]


メサイア/Messiah [編集]

 カード名に「メサイア」を含むカード群

 《創世竜 トランスエルス・メサイア》《アレスター・メサイア》要件を満たしたり、《デスティニー・ディーラー》《ネオンメサイア》自動能力効果で、山札から手札に加えることができる点でのみ共通するカード群であるため、ハーツ化することができないカードグレード3以上ではないカードはこのカード群には含まれない。

 こちらのリアガード呪縛したり、呪縛カード解呪することを起点に様々なアドバンテージを得る戦術を得意とする。

関連カード(新シリーズ) [編集]

―カード名に「メサイア」を含むカード

―「メサイア」を含むカードに関する能力を持つカード

関連カード(旧シリーズ) [編集]

―カード名に「メサイア」を含むカード

―「メサイア」を含むカードに関する能力を持つカード

―「メサイア」のサポートを扱うデッキ

関連リンク [編集]