創世竜(そうせいりゅう) バサルティス・メサイア/Genesis Dragon, Basaltis Messiah》 [編集]

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
リンクジョーカー - メサイア パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] このユニットがアタックした時、あなたのハーツカードが〈メサイア〉なら、コストを払ってよい。払ったら、あなたのGゾーンの表のカード1枚につき、いずれかのリアガードと呪縛カードを1枚ずつ選び、それぞれ呪縛するか解呪してよい。1枚以上解呪したら、1枚引く。

 混沌と救世の輪舞曲で収録されたリンクジョーカーGユニット

 アタックした時にハーツカードが〈メサイア〉なら、カウンターブラスト(1)とGゾーンの自身と同名の裏のカード1枚を表することで、Gゾーンの表のカード1枚につき、いずれかのリアガード呪縛カードを1枚ずつ選び、それぞれ呪縛するか解呪でき、1枚以上解呪したら、1枚ドローする自動能力を持つ。

 〈メサイア〉のハーツ化が必要となるが、いずれかのリアガード1枚の呪縛呪縛カード1枚の解呪を任意に行え、1枚解呪するだけでも追加効果ドロー手札が増やせる。
 この効果呪縛したカード解呪することはできないので、追加効果ドローを狙う場合は事前に呪縛カードを用意しておく必要があるので注意しておきたい。

 Gゾーンに表のカードがある状態で利用したなら、その枚数分だけリアガード呪縛呪縛カード解呪を行える回数が増え、コストも含めて5枚以上の状態からなら相手リアガード5枚を呪縛することもできる。
 2~3枚分の効果でも、前列リアガード2枚の呪縛による反撃の防止、2枚以上の解呪による疑似スタンドの選択肢の拡張と十分に有用である。
 《メタレイア・メサイア》《ダーククラウド・スネーク》等も能力誘発回数が増え、より高いパワーを望めるようになる。

 呪縛効果目標《創世竜 ベアリング・メサイア》《アレスター・メサイア》のようにこちらのリアガードも選ぶことができるので、解呪された《アローザル・メサイア》を再度呪縛して能力の再利用を狙う用途にも使える。

 また、コストGゾーンの表のGユニットの枚数を稼ぎつつ呪縛カード解呪が行えるので《オルターエゴ・ネオ・メサイア》ドロー能力との相性が良く、6~7ターン目の時点でも合計3枚のドローが狙え、それぞれの能力相手前列リアガード2枚を呪縛しておけば次のターンの守りを万全のものにできる。
 一方で、《創世竜 アムネスティ・メサイア》《創世竜 フラジオレット・メサイア》を表にすることはできないので、クリティカルの増加が狙える《創世竜 エクセリクス・メサイア》《創世竜 フラジオレット・メサイア》への繋ぎ役としてはやや不向きなので留意しておきたい。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

  • Q3554 (2017-10-20)
    Q. 解呪するカードは、どのファイターものでもよいのですか?
    A. はい、自分のカードでも、相手のカードでもかまいません。
  • Q3558 (2017-10-20)
    Q. 解呪のみ、呪縛のみも可能ですか?
    A. はい、可能です。
  • Q4162 (2018-10-05)
    Q. “いずれかのリアガードと呪縛カードを1枚ずつ選び、それぞれ呪縛するか解呪してよい”という効果を複数回実行する場合、同一カードを呪縛・解呪できますか?
    A. いいえ、同一のカードを選択し、呪縛・解呪することはできません。別々のリアガードと呪縛カードを選び、呪縛・解呪する必要があります。
  • Q4163 (2018-10-05)
    Q. “あなたのGゾーンの表のカード1枚につき、いずれかのリアガードと呪縛カードを1枚ずつ選び、それぞれ呪縛するか解呪してよい”という効果は、Gゾーンの枚数に応じ、複数枚を同時に呪縛・解呪するのですか?
    A. “いずれかのリアガードと呪縛カードを1枚ずつ選び、それぞれ呪縛するか解呪してよい”という効果を、参照した枚数分、1回ずつ行います。

収録情報 [編集]

クランブースター混沌と救世の輪舞曲G-CB06/003 RRR イラスト/増田幹生大地が隆起し、新世界の礎が築かれた。
G-CB06/S01 SP イラスト/増田幹生(※なし)