滅星輝兵(デススターベイダー) カオスブレイカー・デリュージ/Death Star-vader, Chaos Breaker Deluge》 [編集]

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(3):[【ソウルブラスト】(1),あなたの、Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にし、手札から1枚選び、捨てる] あなたの「カオス」を含むハーツカードがあるなら、相手は自分の手札から2枚選び、別々の(R)に呪縛カードとして置く。さらに、相手のダメージゾーンが4枚以下なら、あなたは相手の呪縛カードを1枚選び、相手はそのカードを自分のダメージゾーンに裏で置く。

 混沌と救世の輪舞曲で収録されたリンクジョーカーGユニット

 1ターンに1回、ソウルブラスト(1)とGゾーンの裏のカード1枚を表にし、手札から1枚をドロップすることで、「カオス」のハーツカードがあるなら、相手手札から2枚をリアガードサークル呪縛カードとして置き、さらに、相手ダメージゾーンが4枚以下なら、相手呪縛カード1枚を相手ダメージゾーンに裏で置くジェネレーションブレイク(3)の起動能力を持つ。

 ジェネレーションブレイク(3)の有効化と「カオス」のカードハーツ化を要求されるが、相手手札2枚を削りつつ、相手呪縛カードの生成が行える。

 相手任せとはいえ、ユニットのいるリアガードサークルにも配置可能なので事前に相手呪縛カードを3枚にした上で利用すれば、抵抗を持つユニット等の効果目標として選べないリアガードユニットの重複処理を利用して退却させることで処理することも可能となり、相手リアガードを全滅するので《星輝兵 ストレンジ・ドラゴン》パワーの増加にも繋がる。

 また、相手ダメージゾーンの枚数が4枚以下である場合は相手呪縛カードを減らすことになるが、《超宇宙勇機 エクスギャロップ》のように相手フィールドカードを削りつつ、相手ダメージゾーンの増加を相手にリソースを与えることなく遂行できる。

 解決後に増えた相手リアガードサークル《星輝兵 カオスブレイカー・クローズ》《星輝兵 ミューレプトン》等で呪縛カードを配置して再度呪縛サークルしておけば、《猛攻の星輝兵 ドブニウム》の確実なパワーの増加、その後のターン超越する《滅星輝兵 グルーボール・ドラゴン》による大量呪縛と大幅なパワーの増加に繋げやすくなる。
 抵抗を持つユニット《報復の忍鬼 オオボシ》等の再配置や《アースエレメンタル ポックル》等の呪縛カードを処理する一部手段の利用の妨害にもなるので可能な限り狙うようにしたいところ。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

竜神「ギーゼ」が宿す破壊の力を、その身に受け入れられる限界まで流し込んだ「カオスブレイカー・ドラゴン」の姿。神剣「フィデス」の一撃を受ける直前にギーゼ本体にアクセスして彼の魔力を解放、その力を許容値限界まで調整した上で吸収した。それでも神の力は身に余るものだったのか、カオスブレイカーの肉体は異形の其れへと変貌。体長に至っては元の10数倍にまで膨張している。長いクレイの歴史を紐解いても、これほど巨大な生物は片手の指で数えられるほどしか存在しない。なお、力の源はギーゼの下に集まる「あらゆる時空から流れ着いた負の思念」であり、間接的ではあるが時空に干渉している。そのため、厳密には異なるが、カオスブレイカーの変化は「超越」の亜種として分類されている。

FAQ [編集]

  • Q3553 (2017-10-20)
    Q. この能力でダメージゾーンにトリガーユニットが置かれました。トリガー能力は使えますか?
    A. いいえ、使えません。この能力は「ダメージ」ではなく、ダメージゾーンに直接カードを置く効果です。そのため、ダメージチェックは行なわれず、トリガー能力は使えません。
  • Q3557 (2017-10-20)
    Q. 相手は手札から「永@【VC@/RC/GC@】:抵抗」のカードを選ばないことはできますか?
    A. いいえ、できません。
  • Q4159 (2018-10-05)
    Q. “相手は自分の手札から2枚選び、別々の(R)に呪縛カードとして置く”という効果は、リアガードサークルが一ヵ所しか存在しない場合には、どのように処理しますか?
    A. 2枚選んだカードの内、いずれか1枚をリアガードサークルに置きます。効果により一定の量の行動を行うよう求められた場合、可能な限りその行動を行います。そのため、“相手は自分の手札から2枚選び、別々の(R)に呪縛カードとして置く”という効果により、1枚しかリアガードサークルに置けない場合でも、その効果は可能な限り実行されるため、いずれか1枚をリアガードサークルに呪縛カードとして置き、もう一方は手札から移動しません。
  • Q4160 (2018-10-05)
    Q. “相手は自分の手札から2枚選び、別々の(R)に呪縛カードとして置く”という効果により、既に呪縛カードが置かれているサークルに新たな呪縛カードを置くことはできますか?“相手は自分の手札から2枚選び、別々の(R)に呪縛カードとして置く”という効果により、既に呪縛カードが置かれているサークルに新たな呪縛カードを置くことはできますか?
    A. いいえ、できません。呪縛カードが置かれているサークルは、リアガードサークルとしては扱われず呪縛サークルとして扱います。そのため、“相手は自分の手札から2枚選び、別々の(R)に呪縛カードとして置く”という効果を、リアガードサークルではない、呪縛サークルにて解決することはできません。
  • Q4161 (2018-10-05)
    Q. “相手は自分の手札から2枚選び、別々の(R)に呪縛カードとして置く”という効果により、既にリアガードが存在するリアガードサークルに、呪縛カードを置くことは可能ですか?
    A. はい、可能です。“相手は自分の手札から2枚選び、別々の(R)に呪縛カードとして置く”という効果では、リアガードサークルのユニットの有無は参照されません。そのため、既にユニットが存在するリアガードサークルに呪縛カードを置くこともできます。またその場合、元々リアガードサークルに存在したユニットは、解決後にドロップゾーンに置かれます。

収録情報 [編集]

クランブースター混沌と救世の輪舞曲G-CB06/002 GR イラスト/DaisukeIzukaこの世界に、救いの方舟は現れない。
G-CB06/002 SGR イラスト/DaisukeIzuka終末の世界に
最後の手向けを