ユナイテッドサンクチュアリ/United Sanctuary [編集]

 信仰と科学技術を融合させた
正義と秩序を重んじる神聖国家

◆ユナイテッドサンクチュアリの文化財・記念碑(一部)
【騎士王アルフレッドの像】異世界から現れた謎の男が残したと伝えられる彫像。
【聖竜騎士の碑】聖竜を駆る伝説の騎士の名言が刻まれた石碑。
【ゼノンの書】暗号のような謎の文字が大半を占める、時の賢者の著書。
【初代ブラスター兵装】制御が困難だった最初期のブラスター兵装の残骸。
【初期青炎(ブレイズ)兵装】ブラスター兵装以前に試作されていた、最初期の青炎兵装の残骸。
【神剣フィデス】聖域に戻った神剣。有事の際、最上位騎士のみが帯剣を許される。
【サンクガード寺院】白竜王の時代に建てられ、当時の形を保っている唯一の建造物。
【巨大幻獣の化石】絶滅した巨大なハイビーストの化石。
【ライオンメイン・スタリオン】獅子のたてがみを持つ駿馬。長寿だが、数は少ない。

 惑星クレイ上では「神聖国家」、「聖域」等と呼ばれている。
 また漫画では聖域連合とも。

 第一正規軍「ロイヤルパラディン」と巨大企業「オラクルシンクタンク」、暗躍する影の騎士団「シャドウパラディン」、第二正規軍「ゴールドパラディン」、医療部隊「エンジェルフェザー」、複合企業体(コングロマリット)ジェネシス」の拠点でもある。

 エンジェルハイビーストシルフといった一部の種族はその多くがここへ所属している。

 ロイヤルパラディン山札からのスペリオルコールパワーの増加で味方を、オラクルシンクタンクドローによって手札の量と質をといったように属するクランは“増強”をテーマとしているようだ。
 後に登場したシャドウパラディン代償と引き換えに自らの強化、ゴールドパラディンデッキトップからのスペリオルコールエンジェルフェザーダメージゾーンに関する能力を持つカードが存在し、ジェネシスは3の倍数のソウルブラストを活用してアドバンテージを獲得する事を特徴としている。

 「新聖紀」の終焉後、「無神紀」時代で加護の喪失によって建国期に築かれた繁栄の礎「ケテルエンジン」の停止、天災などの様々な軋轢によって大きく衰退した末に分裂してしまった。
 その後、300年を超える内乱から生き延びた住民たちにより、停止中の「ケテルエンジン」を動力源とした天空の浮島「ケテルギア」が構築され、約3000年後の「天輪聖紀」の新国家「ケテルサンクチュアリ」として生まれ変わった。

  • モデルになっているのは、ユニットのモチーフとデザインから考えて、地球でいうヨーロッパ圏だと思われる。

属するカード [編集]

関連リンク [編集]