両断(りょうだん)星輝兵(スターベイダー) ジルコニウム》 [編集]

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
リンクジョーカー - サイバロイド パワー10000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)/(R)】:登場時、「星輝兵」を含むあなたのヴァンガードがいるなら、【コスト】[【カウンターブラスト】(1)]することで、相手は山札の上から1枚見て、ユニットのいない(R)に呪縛カードとして置く。その呪縛カードが後列に置いたら、1枚引き、そのターン中、このユニットのパワー+10000。
【永】【(R)】:相手のヴァンガードがグレード3以上で、相手の呪縛カードがあるなら、あなたのヴァンガードすべての元々のクリティカルは2になる。

 クランセレクションプラス Vol.1で収録されるグレード2のリンクジョーカー

 1つ目は、登場時に「星輝兵」を含むヴァンガードがいるならカウンターブラスト(1)で、デッキトップ呪縛カードとして置き、後列に置かれた場合、1ドローと自身のパワーを+10000する自動能力

 アドバンテージの獲得させるかアタック回数を制限させられるかの二択を相手に強要することが可能で、《星輝兵 クレイビングクロー》と組み合わせることで相手のリアガードを自由に呪縛することができる。
 加えて、新シリーズのカードプールにおいて、相手の盤面に呪縛カードを用意する手段は非常に乏しく、このカード以外では《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》(Vシリーズ)のみ。
 そのため相手の盤面に呪縛カードを用意したい場合は、積極的にこのカードは採用したい。

 2つ目は、相手のヴァンガードグレードが3以上かつ相手に呪縛カードが置かれているなら、自身のヴァンガードクリティカルを2にする永続能力

 新シリーズのカードプールにおいて相手の盤面に呪縛カードを置くことができるヴァンガードは、《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》(Vシリーズ)のみであるため、事実上《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》(Vシリーズ)専用能力
 発動タイミングが非常に遅いものの、相手の盤面を呪縛することでゲームをコントロールできるため、発動自体は容易。
 加えて、《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》(Vシリーズ)自動能力が誘発するほどアドバンテージイマジナリーギフト・フォースを獲得できるため、この能力クリティカルを2にすることで、相手に大量のガードを要求することができる。
 
 プレミアムスタンダードであれば、「星輝兵」を含むユニットが非常に多い上に、Gユニットの応酬となり易いため、能力の発動頻度は一気に上昇する。
 ただし、「星輝兵」名称のGユニットハーツに「星輝兵」を要求するカードが多く、メサイア根絶者で採用する場合は《滅星輝兵 グルーボール・アヴァランチ》を採用しなければならず、現実的とは言えないため必然的に【星輝兵】での採用となる。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

スペシャルシリーズクランセレクションプラス Vol.1V-SS09/044 RRR イラスト/ウスダヒロ心を折れ、二度と立ち上がれないように。