完全(かんぜん)ガード 節を編集

 アタックしているユニットパワーに関係なく、効果対象のユニットヒットされなくなる効果の俗称。
 「完全防御」などとも呼ばれる。

あなたのアタックされている(指定のユニット)を(規定の枚数)選び、そのバトル中、そのユニットは、ヒットされない。

 どのようなアタックも防御できるのは非常に強力であり、このゲームのプレイングを語る上で欠かせないファクターである。

 シークメイト超越スキル等のキーワード能力の追加により、ヴァンガードパワーが全体的にインフレーション傾向になっており、より一層重要度が増してきている。

 《閃光の盾 イゾルデ》等の手札コストが必要なタイプはいずれも守護者であり、アタックしているユニットがどのようなユニットで、そのパワーがどのような数値でも、効果で選んだユニット1枚をヒットされない状態にできる。
 手札コストシールドを持たないグレード3以上にすれば実質的な消耗を抑えられるが、シールド0であるため単体でヒットを防ぐことはできず、アタックしているユニットパワーがどれだけ低い数値であっても手札2枚を消費して守らなければならない。
 そのため、スタンド主体等、手数で攻めるデッキに対しては手札を無駄に消費してしまう場面がある。

 一方、《ウェザーフォーキャスター ミス・ミスト》相手グレード2以下のヴァンガードアタックしか防げず、効果で選べるのもオラクルシンクタンクのみと限定されているのが難点だが、要件を満たせば手札1枚で守ることができ、要件を満たしていない場合でもシールド5000のガーディアンとして扱える。

関連カード 節を編集

-このユニット

―あなたのアタックされているユニットを1枚選び

―あなたのアタックされているユニットを1枚まで選び

―あなたのアタックされているヴァンガードを1枚選び

―あなたのアタックされているヴァンガードを1枚まで選び

―あなたのアタックされている《(クラン名)》を1枚選び

―『ヒットされない』を含む効果に関する能力を持つカード

関連リンク 節を編集