忍獣(にんじゅう) アラマタタビ/Stealth Beast, Aramatatabi》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ぬばたま - ハイビースト パワー6000 / シールド0 / ☆1
【永】:守護者
【自】:[手札から1枚選び、捨てる] このユニットが手札から(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのアタックされているヴァンガードを1枚まで選び、そのバトル中、そのユニットは、ヒットされない。
【自】【(R)】:残影
【自】【(R)】【Gブレイク】(1):[【ソウルブラスト】(1)] このユニットがブーストした時、ドロップゾーンに「忍獣 アラマタタビ」があるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のバインドゾーンから1枚選び、自分のドロップゾーンに置く。

 The RECKLESS RAMPAGEで収録されたグレード1のぬばたま

 2つ目の能力《ライトエレメンタル サニー》が持つものとほぼ同様のもの。

 ジェネレーションブレイク(1)は、ブーストした時にドロップゾーンに《忍獣 アラマタタビ》があるなら、ソウルブラスト(1)で相手バインドゾーンから1枚をドロップゾーンに置く自動能力

 使えるタイミングが遅く要件もやや厳しいが、相手バインドゾーンカードドロップゾーン送りが行える。
 《忍獣 クロコ》と比べると速効性はないが、能力を有効にして要件も達成すれば確実に満たせる誘発条件で使えるのが利点。

 併せ持つ残影によって手札に戻せるので退却等から守りやすい。
 手札に戻した後は、その後のターンでの再利用する他にも、ヴァンガードへのヒットを確実に阻止するためガーディアンとして利用できる。
 ただし、相手バインドゾーンから手札に加わる時限誘発付きのカードを1枚以上残しておく必要があるのことに注意。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

帝国の諜報部隊“ぬばたま”所属のニンジャ・キャット。
足音を立てず、あらゆる隙間から敵陣に侵入するスパイ活動のエキスパートである。
得意な忍術は、特殊な植物を煎じた薬品を使った妖術。
肉球を模した様な呪印を見た者は、意識を掻き乱され正常な判断力を失ってしまう。
使いすぎると自分も酔っ払ってしまう欠点はあるものの、
逃走の補助として使う程度に我慢しているため、今のところ大きな失敗には至っていない……らしい。

FAQ 節を編集

  • Q1850 (2016-01-21)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1858 (2016-01-21)
    Q. 手札が6枚の状態で残影を持つユニットが2枚いて、その残影が発動した場合、両方手札に戻せますか?
    A. いいえ、戻せません。どちらか1枚の残影を解決した時点で手札が7枚になっているのであれば、もう1枚は「手札か6枚以下」の条件を満たせ無くなるため、手札に戻せません。
  • Q1859 (2016-01-21)
    Q. 相手の手札に加わるバインドゾーンのカードは、それが相手のカードの効果でバインドされたものや、相手のカードの効果で手札に加わるものであっても残影は発動しますか?
    A. はい、それがどのファイターのカードの効果によるものであっても、バインドゾーンから相手の手札に加われば残影は発動します。
  • Q1860 (2016-01-21)
    Q. 相手の手札に加わるバインドゾーンのカードは、それが裏でも表でも残影は発動しますか?
    A. はい、裏向きでも表向きでも、バインドゾーンから相手の手札に加われば残影は発動します。
  • Q1862 (2016-01-21)
    Q. カード名の違うカードであれば、他の「守護者」を持つカードを、4枚ずつ合わせて8枚入れることができますか?
    A. いいえ、「守護者」を持つカードは違うカード名のカードであっても、デッキに合計4枚までしか入れることができません。
  • Q1863 (2016-01-21)
    Q. このユニットの能力を使用したバトルで相手はドライブチェックを行ないますか?
    A. はい、行ないます。ヒットはしませんが、バトル自体はそのまま行なわれます。

収録情報 節を編集

テクニカルブースターThe RECKLESS RAMPAGEG-TCB01/027 R イラスト/はま諦めたら、それが本当のお終い。