バインドゾーン/Bind Zone 節を編集

 バインドされたカードを置く領域公開領域

 カードが表向きで置かれるか裏向きで置かれるかはバインドを行ったカードコスト効果によるが、指定がない場合は表向きで置かれる(Q297)。

 裏向きに置かれた場合、オーナー以外のファイターは裏向きのカードの内容を確認できず、置かれたカードオーナーのみが確認できる。

 この領域に裏向きで置かれているカードカードとしての情報を持たず、追加することができない。

 束毎に置かれているカードの順番は、オーナーが任意に入れ替えることができる。

  • 総合ルール上ではこの領域の配置上の位置については特に触れられてはいないが、アニメ等では主に山札の右側にバインドされたカードを置いて、その位置をバインドゾーンとしている。
  • 総合ルールでは過去に「リムーブゾーン」という、ルールで参照されず、能力でも参照されない領域が定義されていたが、双剣覚醒の発売と共に記述がこの領域に差し替えられた。

関連カード 節を編集

―コストで、バインドゾーンからこのカードをフィールド以外の他の領域に置く

―コストで、バインドゾーンからカードをフィールド以外の他の領域に置く

―コストで、バインドゾーンから指定カードをフィールド以外の他の領域に置く

―効果で、相手のバインドゾーンからカードをフィールド以外の領域に置く

―時限誘発で、バインドゾーンから指定カードをフィールド以外の領域に置く

―時限誘発で、相手のバインドゾーンから指定カードをフィールド以外の領域に置く

―時限誘発で、相手のバインドゾーンから指定カードを相手の(R)にコールする

―バインドゾーンからカードを山札に戻す

―バインドゾーンからカードを手札に加える

―バインドゾーンから表の指定カードを手札に加える

―バインドゾーンからこのカードをライドする

―バインドゾーンから指定のカードをライドする

―バインドゾーンからこのカードを(R)にコールする

-バインドゾーンから他のカードを(R)にコールする

―バインドゾーンから表のカードを(R)にコールする

―バインドゾーンから表の指定カードを(R)にコールする

―バインドゾーンから指定カードを(R)にコールする

―時限誘発で、バインドゾーンから指定カードを(R)にコールする

―バインドゾーンからこのカードを(G)にコールする

―バインドゾーンの表のカードを(G)にコールする

―カードがバインドゾーンに置かれた時

―このユニットがバインドゾーンから(R)に登場した時

―あなたのユニットがバインドゾーンから(R)に登場した時

―このユニットが(R)からバインドゾーンに置かれた時

―このカードがドロップゾーンからバインドゾーンに置かれた時

―バインドゾーンの指定カードの存在を要件に含む能力持ち

―バインドゾーンのカードの枚数に関連する効果を含む能力持ち

―バインドゾーンの指定カードの枚数に関連する効果を含む能力持ち

―バインドゾーンのカードの枚数に関連する要件を含む能力持ち

―相手のバインドゾーンのカードの枚数に関連する要件を含む能力持ち

―相手のバインドゾーンのカードの枚数に関連する効果を含む能力持ち

―相手のバインドゾーンの裏のカードの枚数に関連する要件を含む能力持ち

―相手のバインドゾーンの裏のカードの枚数に関連する効果を含む能力持ち

―その他のバインドゾーンのカードに関連する能力持ち

関連リンク 節を編集