《ナイト・オブ・パワーチャージ/Knight of Powercharge》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー6000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】【Gブレイク】(1):[このユニットを退却させる] 手札から好きな枚数選び、裏でバインドし、そのターンの終了時、この効果でバインドされたカードを手札に加え、1枚引く。

 刃華超克で収録されたグレード1のロイヤルパラディン

 ジェネレーションブレイク(1)は、自身の退却で、手札から好きな枚数を裏でバインドし、そのターンの終了時にこの効果バインドされたカード手札に加え、1枚ドローする起動能力

 そのまま使うと使えるタイミングが遅い上にタイムラグのある1:1交換のドロー手段でしかなく、そのままでは《湖の巫女 リアン》に見劣りしがち。
 主に余分な手札を減らして、相手《忍獣 ハガクレ》を阻害したり、勇敢能力の有効化を狙えるといった利点を活かした運用が前提となる。

 勇敢能力を利用するなら安定して有効化にできるその利点は大きく、ドライブチェック等で手札が4枚以上となって有効でなくなってしまうというリスクを最小限に抑えることができる。
 元々のパワー6000を持つグレード1のカードであることで《救国の賢者 ベノン》等でスペリオルコールが狙いやすいのも利点の1つとなる。

 能動的に手札を調達しつつユニットのいないリアガードサークルを生成することができ、他のスペリオルコールに無駄なく繋げられるのが大きな利点となる。

 逆に一時的にとはいえバインドゾーンが増えることによって、相手《護天覇竜 ブルワーク・ドラゴン》《デザートガンナー コウジン》等の雷激能力を有効化を補助してしまう場合があり、時限誘発では相手残影能力誘発させてしまう場合もあるので、それらのカードには注意しておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

神聖国家の第一正規軍“ロイヤルパラディン”に所属する神官騎士。
戒律によって刃の付いた武器を持たないと言う厳格な神官だが、
その分、秩序を乱す「悪」に対しては容赦なくメイスやフレイルを振るう、一流の戦士でもある。

守護竜を信仰し、神聖魔法を行使する神官騎士は、前線で戦う騎士達に祈りを捧げ、
そして悪に対峙する。
熾烈な戦いの中で窮地に陥っても、神官騎士は勇気を忘れない。
そうすれば、彼らが信じる神――守護竜の与えた試練に、必ず打ち勝てると信じているから。

FAQ 節を編集

  • Q1983 (2016-02-18)
    Q. この効果でバインドされたカードが、バインドゾーン以外の領域に移動した場合、そのカードはターンの終了時に手札に加えられますか?
    A. いいえ、加えられません。

収録情報 節を編集

ブースターパック刃華超克G-BT06/049 C イラスト/石商自らを追い込む。 今の自分を超える為に。