ドラゴンエンパイア/Dragon Empire 節を編集

広大な領土と最強の部隊を抱える
強大な力を持つ竜たちが支配する帝国

【ドラゴンエンパイアの秘宝と誤った伝承】
竜の帝国ドラゴンエンパイア。惑星のクレイでもっとも広大な国土と長い歴史を誇るこの国には、「命を力へと変える禁呪」、「魂を対価に力を授ける龍帝の血」など、使用に危険を伴う秘宝や秘術が数多く存在する。こういった秘宝の伝承は、他国に伝わる際、なぜか使用者に都合がいいように改変されている。簡単に言うと、リスクの部分が無い状態で伝わっているのである。「タダですごい力が手に入る」――驚くべきことだが、捕縛されるトレジャーハンターや盗掘者はこんな戯言につられてくる者が大半を占める。

 第一柱軍「かげろう」、陸上部隊「たちかぜ」、諜報部隊「ぬばたま」、隠密部隊「むらくも」、第二柱軍「なるかみ」の所属が窺えるドラゴンによる国家

 その名の通り竜をモチーフとしたユニットが多数を占め、ヒューマンなどの他種族も存在する。

 その中でもフレイムドラゴンかげろう)、ディノドラゴンたちかぜ)、アビスドラゴンぬばたまむらくも)、サンダードラゴンなるかみ)がそれぞれを統率しているようだ。

 攻撃的なイラストが多く、ドラゴンが好きな人には堪らない勢力となっており、今後のカード追加に期待がかかる。

 相手ユニット・自軍ユニット手札、とクランにより対象は異なるものの“破壊”に長けた国家であるといえよう。

  • アジア圏をデザインの元にしており、属するクランはすべてひらがな4文字である。

関連リンク 節を編集