シャドウパラディン/Shadow Paladin 節を編集

【シャドウパラディンとは】
数多の悲劇を打ち破り、史上に残る幾多の困難を乗り越えてきた神聖国家ユナイテッドサンクチュアリ。
その歴史の影には、決して表舞台に名を残す事の無い騎士団の姿があった。
闇に隠れ、闇に潜み、さながら影のごとく淡々と任務を遂行し続ける黒き騎士達――
彼らが今も存在しているのか、それは定かでは無い。
しかし、彼らは確かに存在していたのだ。 輝かしき光の伝説の影として、ここに。

概要 節を編集

 ロイヤルパラディンに渦巻いていた負の感情を利用・支配して奈落竜が作り上げた、いわばユナイテッドサンクチュアリの暗部。
 黒い装備に身を包んだロイヤルパラディンを思わせるものが多く所属している。

 ロイヤルパラディン同様に展開力に優れるがそちらと比較すると、「リアガード退却」をコストとする能力が確認できる。
 スペリオルコールによる戦力の補充だけでなく、ドローによる手札の増加や効果による相手リアガード退却等もしっかりと有しており安定した立ち回りを得意とする。

 強力な能力の多くのコストカウンターブラストを行う必要があるため、多かれ少なかれそのリソースとなるダメージゾーンの表のカードの枯渇に注意が必要である。

 その由来ゆえにヒューマンハイビーストなどの主要種族構成はロイヤルパラディンと共通だが、コスモドラゴンの代わりにアビスドラゴンが属する。

 クラン能力は、「儀式(リチュアル)」。

 背景ストーリーでは、設立された当初の団長は「奈落竜」こと《ファントム・ブラスター・ドラゴン》《ブラスター・ダーク》ロイヤルパラディンに加担するようになってからは、多くの者がロイヤルパラディン側に回っている。
 奈落竜が打倒された後、《ブラスター・ダーク》《シュヴァルツシルト・ドラゴン》によって封印された際には、ロイヤルパラディンと共に行動の指針を失ってしまっている。

種類別 節を編集

Gユニット 節を編集

―15000+

―Gガーディアン

グレード3 節を編集

―11000

―10000

―9000

グレード2 節を編集

―10000

―9000

―8000

―7000

―5000

―3000

グレード1 節を編集

―8000

―7000

―6000

―5000

―4000

グレード0 節を編集

―6000

―5000

―4000

クリティカルトリガー 節を編集

―5000

―4000

ドロートリガー 節を編集

―5000

―4000

スタンドトリガー 節を編集

―5000

―4000

ヒールトリガー 節を編集

―5000

-4000

関連リンク 節を編集