《グレイミュー/Greymyu》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
シャドウパラディン - ハイビースト パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたの「クラレットソード・ドラゴン」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、山札からグレード1以下のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルし、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

 刃華超克で収録されたグレード2のシャドウパラディン

 リアガードサークル登場した時に「クラレットソード・ドラゴン」のヴァンガードがいるなら、カウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)で、山札からグレード1以下のカードを1枚までスペリオルコールし、パワー+2000を得るジェネレーションブレイク(1)の自動能力を持つ。

 スペリオルコールで1枚分のアドバンテージを稼ぎつつ単独でパワー11000に到達できるが、要件に対応するカードの内、《覇道竜 クラレットソード・ドラゴン》は単に自力でほぼ同様のことが行えることに加え、《黒翼のソードブレイカー》からのドロー《鬼眼の魔道士 アルスル》からの《覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン》といったコンボが狙いやすい関係からソウルを消費する関係で立場が若干厳しい。
 一方、選択的なスペリオルコールが行えないことでそれらのコンボが狙いにくい分だけソウルに余裕を持たせられる《覇道竜 クラレットソード・ドラゴン・リヴォルト》なら、狙ったグレード1以下のカードスペリオルコールできない欠点を補うカードとして活用しやすい。

 このカードと同じ縦列《ダーククォーツ・ドラゴン》スペリオルコールすれば左列右列パワー21000ライン中央列《ダーククォーツ・ドラゴン》効果によりパワー7000の適当なブースト役を用意できていればパワー36000ラインを形成することができる。
 このことから能力を活かす上で各縦列の要求シールド値の高さが重要となる《覇道真竜 クラレットソード・ヘルヘイム》との相性がよく、コストも競合しないので自然と組み合わせられる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

影の騎士団に所属していた黒豹の戦士。
自分より強い者にしか従おうとせず、かつて「クラレットソード・ドラゴン」の思想に惹かれ、
配下の戦士として王国に刃を向けたこともある。

主を失った今、配下の者達は皆散り散りになったが、誰よりも強さを求めた「クラレットソード」の思想は、
今も何処かで受け継がれているのかも知れない。
鮮血と慟哭に彩られた覇道を歩もうと牙を研ぐ、孤独な戦士達が……。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック刃華超克G-BT06/054 C イラスト/moi主と共に歩む。 血塗られた覇道を。