守護者(センチネル)/Sentinel 節を編集

 デッキに4枚までしか入れることができないキーワード能力

【永】:守護者(守護者はデッキに4枚までしか入れることができない)

 2012年11月22日のエラッタによって《閃光の盾 イゾルデ》と同様の能力を持つカードすべてに追加され、それ以降に追加された完全ガードクインテットウォールを行う効果を含む能力を持ったほとんどのカードもこの能力を有し、いずれも「シールド0」の数値を持っている。

 当初は混合クランデッキ以外のデッキにおいては特に意味がなかったが、騎士王凱旋《閃光の盾 イゾルデ》等に同型再版となるカードが追加され、単一クランデッキにおいても意味を持つようになり、光輝迅雷《召集の宝石騎士 グロリア》等の《閃光の盾 イゾルデ》同型再版でない該当カードが追加されたことで更なる意味を得ている。

 竜騎激突以降から追加されている『守護者』を持つカードにはシールド表示が独特の金色のデザインとなっており、『守護者』を持つカードとそうでないカードであるかが一目でわかる見た目となっている。

関連カード 節を編集

―守護者を持つカード

―守護者を持つカードに関する能力を持つカード

関連リンク 節を編集