同型再版(どうがたさいはん) 節を編集

 「以前作られたカードと同じ機能を持つが、カード名が異なるカード」の関係のこと。
 完全相互互換とも呼ばれる。

 クラングレードのどちらかが異なるものは単に互換と呼ばれる。

 共通するのは各種数値と能力のみであり、カード名種族などは異なるため、それらを参照するカードとの兼ね合いで独自の利点を持つこともある。

 単純に再録代わりに行われる場合もあるが、カード群に属するカードを参照するカードが増加した聖域の解放者からネオンメサイアまでは「何らかのカード群に属し、サポートを受けられるカードとしての同型再版」が行われていることが多かった。
 そのような事情も含めて、同型再版と言っても実質的な上位互換・下位互換の関係が生まれていることは珍しくない。

  • 上記のような場合に限らず、実質的に5枚以上の同一カードをデッキに入れられるようになるという意義もある。
  • バニラに関しては同型再版とは呼ばれないことが多い。特にトリガーユニットの場合、複数の種類が存在することが大きな意味を持つので、このように表現するのは相応しくないと言える。

関連リンク 節を編集