《フォルモーント・ブラウクリューガー/Vollmond Blaukluger》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【リミットブレイク】(4):[【カウンターブラスト】(1)] あなたの「ブラウ」を含むユニットがこのユニットにライドした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+10000し、【自】(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの【スタンド】しているリアガードが3枚以上なら、そのバトル中、相手は自分の手札から守護者を(G)にコールできない。』を与える。
【自】【(V)】:[【ソウルブラスト】(1) ‐ 「ブラウ」を含むカード] あなたの「ブラウ」を含むユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、【カウンターチャージ】(1)。

 剣牙激闘で収録されたグレード3のノヴァグラップラー

 1つ目の能力は、「ブラウ」のユニットが自身にライドした時にカウンターブラスト(1)で、ヴァンガード1枚にパワー+10000と『ヴァンガードアタックした時にスタンドしているリアガードが3枚以上なら、相手守護者手札からコールできなくなる自動能力』を与えるリミットブレイク自動能力

 誘発条件《モーント・ブラウクリューガー》等と似ているが、ノヴァグラップラー全般に対応していたあちらに対し、こちらは「ブラウ」のユニットとやや限定的なものとなっている。
 ヴァンガード1枚にパワー守護者相手手札からのコールを封殺する能力を与えることができ、《ギャラクシー・ブラウクリューガー》を始めとする「ブラウ」のヴァンガードアタックヴァンガードヒットした時に誘発する能力全般との相性が良い。

 《ゾンネ・ブラウクリューガー》《ブレーザー・ブラウクリューガー》を利用すれば、最速なら6ターン目で疑似スタンドを行いつつ誘発を狙うことができるが、《ギャラクシー・ブラウクリューガー》《メルクーア・ブラウクリューガー》自動能力を併用したい場合は、合計でカウンターブラスト(4)も必要となる。
 これを狙う場合は2つ目の能力《ツールキットボーイ》の他、《メテオカイザー ユニオール》《ドグー・メカニック》等でダメージゾーンの表のカードを十分に確保しておきたい。

 2つ目の能力は、「ブラウ」のユニットアタックヴァンガードヒットした時にエスペシャルソウルブラスト(1)で、カウンターチャージ(1)する自動能力

 《ギャラクシー・ブラウクリューガー》と同じ誘発条件で使えるカウンターチャージ手段となり、エスペシャルソウルブラスト(1)で利用できる。
 《ギャラクシー・ブラウクリューガー》程ではないが、《ノイモーント・ブラウクリューガー》《モーント・ブラウクリューガー》との相性が良く、ガード強要を計5回、あるいは各縦列に合計パワー+10000を上乗せした状態でガード強要を3回行うことができ、1回でも誘発に成功すれば与えれた能力コストで消費したリソースを取り戻せる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ノヴァグラップルの黎明期に製造された「モーント・ブラウクリューガー」の発展型。正式な呼称はBK-089FM「フォルモーント」。もともとピーキーな性能を誇る機体であったモーントに、当時は却下された開発者のこだわりがプラスされており、さらに制御の難しい特機になってしまった。試験のたびにパイロットがリタイアしてしまうため、専用パイロットを登録することの無いまま別機体へと改修される予定だったが、その直前に初代モーントパイロットの子孫にあたる女性パイロットが配属され、運命的な邂逅を果たす。彼女はこの機体を乗りこなす上での最難関である、専用の空間制圧ユニット【デーゲン・ラーゼン】の制御に辛くも成功。この後、フォルモーントの名はノヴァグラップル以外でも見かけるほど有名になっていくのだが、それはまた別の話。

  • 「フォルモーント(Vollmond)」は「満月」を表すドイツ語。

FAQ 節を編集

  • Q2094 (2017-02-02)
    Q. 起動や自動の【リミットブレイク】を解決した後、そのターン中やバトル中にダメージゾーンが3枚以下になった場合、得た効果はなくなってしまいますか?
    A. いいえ、なくなりません。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/022 RR イラスト/安達洋介輝きが満ちる。 マシンは神の領域へと到達する。