《メルクーア・ブラウクリューガー/Merkur Blaukluger》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(2) - カード名に「ブラウ」を含むカード] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの前列のカード名に「ブラウ」を含むリアガードをすべて【スタンド】する。
【自】【(V)】:あなたのバトルフェイズ中、あなたのユニットが【スタンド】した時、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

 ファイターズコレクション2014で収録されたグレード3のノヴァグラップラー

 リミットブレイクは、ヴァンガードアタックした時にエスペシャルカウンターブラスト(2)で、前列の「ブラウ」のリアガードすべてをスタンドする自動能力

 前列の「ブラウ」のリアガード2枚でアタックした後にアタックして能力を使えば容易に5回のバトルが行える。
 ただ、そのコストの重さと厳しさを考慮するとそれほど強力というわけではない。

 その上「ブラウ」のカードのはカードプールの関係から、【ブラウ】であろうともエスペシャルカウンターブラスト(2)の安定確保は到底見込めない。
 前列要員となる「ブラウ」のユニットが不足することも少なくなく、これを活かす下準備やコンボなくしてはあまり優秀とは言えない能力である。

 「ブラウ」のカードの中では相手ダメージゾーンが5枚以上でも腐ることなく確実なスタンドが行えるカードであることから、後列《ヴェーヌス・ブラウクリューガー》と併用することで《フォルモーント・ブラウクリューガー》よって与えられるコール制限能力を1回目のバトルではなく3回目のバトルで活かすことができる。
 《フォルモーント・ブラウクリューガー》との相性についても、そちらには「ブラウ」のユニットを用いてカウンターチャージ狙いのガード強要能力を持つため噛み合わせがよい。

 自動能力により、1つ目の能力を使用した時には最大でパワー+4000を得る。
 さらに後列《ヴェーヌス・ブラウクリューガー》を置いていれば、その枚数に応じて追加でパワー+2000を得られる。

 《モーント・ブラウクリューガー》で与えられた能力を利用した場合はパワー+10000が期待できるが、与えられる能力と1つ目の能力はタイミングも含めて競合しまうため、総合的にはそこまで噛み合っているとも言えない。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ノヴァグラップル黎明期に製造された「ブラウクリューガー」の改良型。正式な呼称はBK-03M2「メルクーア」でマルスからヒントを得て同開発チームが仕上げた一点物。性能は後期の04型に迫る勢いだったが、あまりに無遠慮な性能だった為、パイロット探しには苦心したという。

  • 「メルクーア(Merkur)」はドイツ語で水星を指す。

FAQ 節を編集

  • Q888 (2014-05-02)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか?
    A. コストとして支払うカードの条件です。条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンの「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q891 (2014-05-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2014FC02/015 イラスト/たにめそ光速の戦士。銀河を駆ける神々の使者。