《ギャラクシー・ブラウクリューガー/Galaxy Blaukluger》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4):[【カウンターブラスト】(2),あなたの手札から《ノヴァグラップラー》を2枚選び、捨てる] あなたの「ブラウ」を含む、ヴァンガードかリアガードのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットと同じ縦列にいるあなたのユニットすべてを【スタンド】する。そのターン中、この能力は使えなくなる。(コストを払わなくても、この能力は使えなくなる)
【永】【(V)】:あなたのソウルに「シュテルン・ブラウクリューガー」があるなら、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主

 銀河の闘士で収録されたグレード3のノヴァグラップラー

 リミットブレイクは、1ターンに1回、「ブラウ」のヴァンガードリアガードヴァンガードヒットした時にカウンターブラスト(2)と手札ノヴァグラップラー2枚のドロップで、自身と同じ縦列のユニットすべてをスタンドする自動能力

 リミットブレイクであることから、《シュテルン・ブラウクリューガー》と比べると《獣神 フロッグマスター》を併用しなければ早期誘発は狙えず、有効化してもドライブチェックででたヒールトリガー回復効果による不発化のリスクが大きく、複数回の使用に至っては一切狙えない。
 ただ、「ブラウ」のユニット限定とはいえリアガードアタックヴァンガードヒットした時でも誘発するようになっているので、有効化すれば前列をこのカードを含む「ブラウ」のユニットで固めることで凄まじいガード強要を行う事が可能となっている。
 また、コスト自体は変わっていないがツインドライブ!!を失わないようになり2:2交換となったことで、手札ディスアドバンテージを負わず、積極的に使用できる。

 ただし、ヴァンガードレストする前にリアガードの「ブラウ」のユニットアタックヴァンガードヒットするとこの能力がそのターン中使えなくなってしまうため、基本的にヴァンガードからアタックすることが望ましいのでスタンドトリガー等との相性は悪い。
 それを回避するためにはリアガードへのアタックを強制されることとなり、バトル相手となる相手ユニットが確保できないことも起こり得る。
 そのため、場合によっては前列リアガードが「ブラウ」のユニットでない方が良いということもある。

 クロスライドを度外視して《モーント・ブラウクリューガー》ブレイクライドによって与えられる能力とのコンボも難易度は高いものの強力で、一度でも「ブラウ」のユニットアタックヴァンガードヒットさせて誘発に成功すれば、ブースト付きで中央列1回と左列右列を合わせて4回もの追撃が可能となり、1ターンに合計8回ものバトル回数を稼ぐことができる。
 とはいえ、単純にタイミングが遅くなる他、上記の通りリアガードが担当する1〜2回目のバトルではリアガードへのアタックを強制されるうえ、大量のカウンターブラストを要求するので相性は今一である。

 《シュテルン・ブラウクリューガー》同様、相手ダメージゾーンが5枚になるとバニラ化しやすい弱点がある。
 そういった状況であれば適当なGユニットノーマル超越してしまうのも手だろう。

 ソウル《シュテルン・ブラウクリューガー》があれば、常時パワー13000の堅牢な防御力を発揮できる。
 《ゾンネ・ブラウクリューガー》の得る能力《モルゲンロート》等、クロスライドを補助する手段はいくつかあるので、それなりに満たすことはできるだろう。

  • 3DS版「ロック オン ビクトリー」では、葛木カムイのアバターを使用してこのカードライドすると、オリジナルのライド時の台詞を聞くことができる。その際の台詞は「光よりも早く!その力で銀河を切り裂け! 《ギャラクシー・ブラウクリューガー》に、俺様(クロス)ライド!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ノヴァグラップルの黎明期、「ギャラクシー・ファイト」発足時に製造された機体「ブラウクリューガー」の正統な後継機。 正式な呼称はBK-05「ギャラクシー」。 形状や機構を大きく変更した他の機体とは一線を画しており、「ブラウクリューガー」のデザインが生かされている。 BK-01S「シュテルン」の弱点であった近距離戦の不利を克服する為、大出力射撃ユニットを撤去し、巨砲「グランツ・カノーネ」にその役を集約。 ユニットに高出力のスラスターとブースターを採用した事で、高速移動と迅速な軌道修正が可能となった。 最後に開発されたばかりの超重兵器、粒子放出機構を搭載した大剣「グランツ・レーヴェ」を装着し、と念願のロールアウトを迎えた。 もう何者も、天翔ける蒼き超闘士の進撃を止める事はできない。 その日、華々しく初陣を飾った「銀河」の活躍は、人々の脳裏と歴史に深々と刻まれた。

  • 「ギャラクシー(Galaxy)」とは英語で「銀河」の意。「ブラウクリューガー」の意味については《シュテルン・ブラウクリューガー》を参照。
    • カード名に「ブラウクリューガー」を含むカードの中で唯一、ドイツ語でない言葉が使われている。
    • ちなみにドイツ語の「銀河」は「Galaxie」で、字面は良く似ているが発音は「ガラクシー」となる。

FAQ 節を編集

  • Q666 (2013-11-14)
    Q. リアガードの「シュテルン・ブラウクリューガー」のアタックがヒットした時、このユニットの【リミットブレイク】能力を使用しませんでした。その次に、ヴァンガードであるこのユニットがアタックし、ヒットしました。このユニットの【リミットブレイク】能力は使えますか?
    A. いいえ、使えません。コストを払わなくても、この能力は使えなくなるからです。
  • Q667 (2013-11-14)
    Q. ソウルに「ブラウクリューガー」がある時、このユニットのパワーは+2000されますか?
    A. いいえ、されません。このユニットの能力の条件は『「シュテルン・ブラウクリューガー」がソウルにあるなら』で『カード名に「ブラウクリューガー」を含むカードがソウルにあるなら』ではないからです。
  • Q668 (2013-11-14)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q3035 (2017-02-02)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3036 (2017-02-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3079 (2017-02-02)
    Q. この能力は相手のターン中も有効なのですか?
    A. はい、そうです。
  • Q3093 (2017-02-02)
    Q. 盟主とは何ですか?
    A. このユニットと共通するクランを持たないあなたのユニットがいる場合、アタックできなくなる能力です。例えば、盟主を持つユニットが《かげろう》であった場合、《かげろう》に属さないあなたのユニットがいると盟主を持つユニットはアタックできなくなります。
  • Q3095 (2017-02-02)
    Q. 起動や自動の【リミットブレイク】を解決した後、そのターン中やバトル中にダメージゾーンが3枚以下になった場合、得た効果はなくなってしまいますか?
    A. いいえ、なくなりません。

収録情報 節を編集

エクストラブースター銀河の闘士EB08/002 RRR イラスト/タカヤマトシアキ蒼き戦士は、ついに銀河と比類される英雄となった。
EB08/S02 SP イラスト/タカヤマトシアキブラウクリューガー! グランツ・シュテルネンリヒト!
ブースターパック剣牙激闘G-BT10/Re:03 Re イラスト/タカヤマトシアキ死闘の果て、蒼き戦士は再び蘇る。