日本号(にほんごう)/Nihongou》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
刀剣乱舞 - 刀剣男士-槍 パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】【Gブレイク】(2)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが2枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1),Gゾーンから裏の「日本号」を1枚選び、表にする] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、あなたの【スタンド】しているリアガード1枚につき、このユニットのパワー+3000し、相手は守護者を自分の手札から(G)にコールできない。

 刀剣乱舞-ONLINE- 弐で収録された刀剣乱舞Gユニット

 アタックした時にカウンターブラスト(1)とGペルソナブラストで、スタンドしているリアガード1枚につきパワー+3000を得て、相手守護者手札からコールできなくなるジェネレーションブレイク(2)の自動能力を持つ。

 守護者を封じつつ高パワーアタック出来るため、詰めの場面で役に立つカードといえる。

 同じくコール制限が行える《日本号 -花丸-》と比べると、ジェネレーションブレイク(2)の制限がある点で即効性と継続効果で適用できるコール制限範囲で劣るが、コストが軽く、最高パワーで勝る。

 合計でカウンターブラスト(3)を行う必要があるが、《蜻蛉切 特》と組み合わせると相手手札からはリアガード要員の主力となる元々のシールド5000を持つグレード2かグレード1のカードしかコールできなくなり、インターセプト等の移動Gガーディアン等の手札以外からのスペリオルコール手段がなければ莫大な枚数の手札の消費を誘え、たとえ防がれても主力となるリアガード要員を削ることができる。
 《今剣 特》など、使いやすいカウンターチャージ手段を有する【刀剣乱舞】では無理なく狙っていけるだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

タイトルブースター刀剣乱舞-ONLINE- 弐G-TB02/006 RRR ©2015-2016 DMM GAMES/Nitroplus天下三槍を恐れない奴だけ、かかってきな?