Gガーディアン/G Guardian 節を編集

 Gゾーンからガーディアンサークルスペリオルコールする条件やタイミング、コストが書かれているキーワード能力

【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンに表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。

概要 節を編集

 条件を満たしてコストを払うことでGゾーンからガーディアンサークルスペリオルコールできることを示す永続能力に分類される、キーワード能力
 総合ルール上での定義に先んじて、2016年4月4日に特設ページが開設された。
 公式・公認大会での使用は2016年4月30日からとなる(ただし同日開催の「大ヴァンガ祭×大バディ祭!!」の事前応募制イベントのみ、2016年4月29日までのルールを採用された)。

 使える条件は「自身と相手の、グレード3以上のヴァンガードがいること」「Gゾーンに表の『【Gガーディアン】』を持つカードが3枚以下であること」の2つで、コストとして、「手札からヒールトリガーを1枚選び、捨てる」を行うことでGゾーンから裏の該当カードスペリオルコールできる。
 相手ターンガードステップ中に、手札からヒールトリガー1枚をドロップゾーンに置くことでGゾーンからガーディアンサークルレストスペリオルコールできる。
 この能力を持つカードが何らかの理由で退却させられる場合、ドロップゾーンに置かれる代わりにGゾーンに表で置かれる。
 また、ノーマルコールするのでもなければ手札からコールするわけでもないので、《フルーツバスケット・エルフ》能力《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》が得る能力のようなガーディアンサークルへのコールを妨害する類の能力の影響を回避しやすいという特徴もある。

 この能力を持つカードはいずれも元々のシールド15000を持っているので、コストにした元々のシールド10000のヒールトリガーに対して疑似的にシールド+5000を与える能力として見ることもできる。
 同時にガーディアンサークル上で有効な永続能力ガーディアンサークル登場した時の自動能力等を持っており、それらはシールドガーディアンの増加に繋がり得る守りに役立つ能力となっている。

関連カード 節を編集

-【Gガーディアン】を持つカード

-【Gガーディアン】を持つカードに関する能力を持つカード

関連リンク 節を編集