《クロノメディカル・ハムスター/Chronomedical Hamster》 節を編集

トリガーユニット 【治】(ヒールトリガー) 〈0〉 (ブースト)
ギアクロニクル - ギアビースト/十二支刻獣 パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【自】:[このカードを表でバインドする,あなたのドロップゾーンから他の【治】を1枚選び、表でバインドする] 【Gガーディアン】をコールするコストで、このカードを手札から捨てた時、コストを払ってよい。払ったら、【カウンターチャージ】(1)か【ソウルチャージ】(1)。

 竜神烈伝で収録されたギアクロニクルヒールトリガー

 《根治の守護天使 ラビエル》ギアクロニクル版。 

 《超刻龍 オルタード・ドラゴン》等のバインドゾーンの枚数に関連したギミックを有する【ギアクロニクル】においては、コストバインド自体も活かしやすく、中でもこのカードコストにしてコールできる《刻獣守護 イリシュ》バインドゾーンが3枚以上からシールド+20000の獲得を狙えるようになるので特に相性が良い。
 使い回しも《スチームソルジャー ウンダルル》バインドゾーンから山札送りにすることで容易く行え、【ギアコロッサス】なら《忠義一徹の理想巨兵》《紆余曲折の理想巨兵》によりバインドゾーンからそれぞれドロップゾーン手札に直接加えることが可能である。

 一方で、《遡る時乙女 ウルル》《スチームテイマー アルカ》等のドロップゾーントリガーユニットを利用するギミックを逆に阻害してしまう場合があるのでそれらを併用する際には留意しておきたい。

 〈十二支刻獣〉に属するので《刻将 ドラスティック・コロッサス》《刻獣 クルージング・ドラゴン》のサポートで手札に加えられ、コストバインドゾーンに置かれた後は《刻獣使い ザンビヤ》パワーの増加に貢献するといった利点もある。
 バインドゾーンのそれぞれ別名の〈十二支刻獣〉12枚を要求する《機械仕掛けの神 デミウルゴス》を運用する場合においても有用な補助手段となるが、このカード2枚をコストにするとバインドゾーンの〈十二支刻獣〉が1種類しか増えず、デッキトップに置けるトリガーユニットの枚数の減少にも繋がるので、コストバインドするドロップゾーンの他のヒールトリガーは可能なら《クロノセラピー・ハムスター》等の他の〈十二支刻獣〉のヒールトリガーを利用できると理想的である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q4002 (2018-02-23)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q4005 (2018-02-23)
    Q. カード名の違うカードであれば、他の【治】トリガーを持つカードを、4枚ずつ合わせて8枚入れることができますか?
    A. いいえ、【治】トリガーを持つカードは違うカード名のカードであっても、デッキに合計4枚までしか入れることができません。
  • Q4073 (2018-02-23)
    Q. この効果とGガーディアンの「登場した時の自動能力」はどのように解決すればよいですか?
    A. 両方が待機状態になるので、任意の順序で解決できます。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/027 RR イラスト/イシバシヨウスケ本格的に治すのだ!