天雷衝撃(てんらいしょうげき)時空巨神(コロッサス)/Thunderbolt Shockwave Colossus》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ギアクロニクル - ギアコロッサス パワー15000+ / シールドなし / ☆1
(Gユニットはメインデッキに入れることができない)
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。(超越した時、ハーツ1枚のパワーとカード名を得る。このユニットは、ターンの終わりに表で戻る)
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(V)からGゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、Gゾーンから他の表のカードを1枚まで選び、裏にする。

 勇気剣爛6パックキャンペーンで配布されたギアクロニクルGユニット

 ヴァンガードサークルからGゾーンに置かれた時にカウンターブラスト(1)でGゾーンから他の表のカード1枚までを裏にする自動能力を持つ。

 《ワクワク・ワーカー》と似た能力を持つが、ディスアドバンテージを負わない点で優れるがカウンターブラストを必要としている。

 このカード自身を裏向きにできないので必然的に他のGユニット超越またはコールした後のタイミングで使用することになる。

 Gゾーンの表の特定カードを裏にして再利用可能な状態にできるとはいえ、コストやこのカード超越する手間がかかる等の観点から基本的には始めからそのカードの2枚目以降を採用した方が手っ取り早い。
 《スノーエレメント ブリーザ》等の様に他のGゾーンの裏のカードコストに含む能力コスト稼ぎとしても、このカードを直接コストにすれば良いだけなので別段相性は良くない。

 このカードを利用するなら、採用するGユニットの種類を増やして選択肢自体を広げたり、《ワクワク・ワーカー》と併用して1ターンGゾーンの表のカードを合計で2枚まで裏にしてGゾーンの裏の特定カードコストに含むGユニット能力の使える回数を稼いだり、《遡る時乙女 ウルル》《ティックアウェイ・ドラゴン》等と併用しつつGガーディアンの利用可能回数を増やす等の工夫をしておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカード勇気剣爛6パックキャンペーンPR/0440 イラスト/汐山このむ時の流れをも揺るがす衝撃!