《ワクワク・ワーカー/Wakey Wakey Worker》 節を編集

トリガーユニット 【醒】(スタンドトリガー) 〈0〉 (ブースト)
ギアクロニクル - ワーカロイド パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):このユニットが【ブースト】したバトルの終了時、あなたのGゾーンから表のGユニットを1枚選び、裏にしてよい。裏にしたら、このユニットを山札に戻し、その山札をシャッフルする。

 時空超越で収録されたギアクロニクルスタンドトリガー

 ジェネレーションブレイク(1)は、ブーストしたバトルの終了時にGゾーンの表のGユニット1枚を裏にでき、裏にしたら、自身を山札に戻す自動能力

 トリガーユニット山札に補充しつつGユニットの再利用を行うことができる。
 再利用できるといっても、《イフェメラルワンド・ドラゴン》《クロノドラゴン・GG》等のGゾーンの裏のカードを多量に消費するカードを利用するのでなければ、それほどまでに多用したいGユニットならGデッキを調整して多目に採用しておけば済む事が殆どで、ディスアドバンテージを負ってまで行うべき状況は少ないという難点がある。
 《クロノファング・タイガー・G》《刻獣 ヒュプノシス・シープ》等の誘発タイミングが重なる能力コストで処理することでディスアドバンテージを抑えることも可能であるが、バインドで処理する場合はそれを起点に1:2交換のドローに繋げることができる《スチームバトラー ウル・ワタル》の存在が悩みどころになる。

 再利用の意義が大きいものとして《時空竜 ワープドライブ・ドラゴン》等のGゾーンに置かれている表の指定カードの枚数に応じて効果の効率が変化するGユニットが挙げられ、4枚表にしても再び3枚分の効果で利用できる。

 Gペルソナブラスト等でも活用できないこともないが、こちらも1枚裏にしただけでは3度目の利用はできので、2枚目以降や《天雷衝撃の時空巨神》等を併用して少なくとも2枚を裏にする必要があるので少々厳しい。
 どちらかといえばGデッキに入れるGペルソナブラストを持つカードの枚数を3枚にして、その枠を他のGユニットに回す為に運用する方がいくらか現実味はある。

 また、Gゾーンの表のGガーディアン持ちのカードを減らしてGガーディアンを利用するための補助としても利用できるが、その分ヒールトリガー手札に加える手間がかかるので現実味があるかどうかは微妙な所である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

バイク造りを終えた「バーナム」が、余った部品で組み上げた即席「ワーカロイド」。歩く事はもちろん、簡単な内容なら会話もできる。皆の手助けをするようインプットされているが、石だと思われ蹴飛ばされたり、お化けと間違えられたり……役目を果たせるのは当分先になりそうである。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック時空超越G-BT01/103 C イラスト/村上ヒサシワクワク! タノシイ!