《ジャガーノート・マキシマム・マキシマム/Juggernaut Maximum Maximum》 節を編集

Gユニット  〈4〉
スパイクブラザーズ - ジャイアント パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンに表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】:このユニットが(G)に登場した時、あなたのグレード2以下のリアガードを1枚選び、そのターン中、パワー+10000してよい。パワー+10000したら、そのバトル中、このユニットのシールド+10000し、そのターンの終了時、そのリアガードを山札の下に置く。

 天舞竜神で収録されたスパイクブラザーズGユニット

 ガーディアンサークル登場した時にグレード2以下のリアガード1枚にパワー+10000を与えることができ、パワー+10000を与えたら、シールド+10000を得て、そのターンの終了にそのリアガードデッキボトムに置く自動能力を持つ。

 グレード2以下のリアガードが必要となるが、手札1枚の消費でシールド25000のガーディアンとして利用できる利点は極めて大きい。

 ターン終了時パワーを与えたリアガードデッキボトムへ置く時限誘発が作成されるため、そのままではディスアドバンテージとなってしまうので、インターセプトを持つ場合は、そのターンの間にインターセプトで処理してしまうのが良いだろう。
 山札からのスペリオルコールを得意とするデッキであれば、敢えてリアガード山札に戻す手段として利用するのも手ではある。

 効果で選んだリアガードパワー増加の継続効果バトルによって処理されにくくなる程度で、ターンの終了時デッキボトムへ置く時限誘発からどのみち次のターン以降はフィールドに留まることはできないので処理されても支障は少ないことから今一大きな利点にはならないものの、《一挙両得のジン》等の高くはないパワーで複数枚のユニットと同時にバトルする能力で一時的に処理されたり、アタックヒットした時の能力誘発を狙いにくくする程度には役に立つ。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1928 (2016-11-10)
    Q. 相手と自分の能力が同時に発動した場合、どう解決すればよいですか?
    A. 同時に自動能力が発動した場合、ターンファイターのものから解決されます。あなたのターンであればあなたの能力から、相手のターンであれば相手の能力から解決されます。
  • Q1950 (2016-11-10)
    Q. このユニットの能力でコールされたユニットが、そのターン中に、ドロップゾーンに置かれました。ターンの終了時に、ドロップゾーンに置かれたそのカードを山札の下に置きますか?
    A. いいえ、置きません。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、コールされたカードとは別のカードとして扱われます。

収録情報 節を編集

ブースターパック天舞竜神G-BT09/018 RR イラスト/前河悠一これぞ守備(ディフェンス)の真髄!マキシマム・タックル!
G-BT09/S11 SP イラスト/前河悠一(※なし)