ゼロスドラゴン/Zeroth Dragon 節を編集

◆ギーゼの生み出した破壊兵器「ゼロスドラゴン」
クレイの大地を完全に支配に置いた破壊の竜神「ギーゼ」が、惑星中の精霊と自分の力の一部を融合して創り上げた強大な兵器。疑似的な「超越生存体」であり、生命体というよりは精霊のような無形の存在に近い性質を持つ。まず、ギーゼは精霊がより多く集まる地点に、自身の力を込めた「破壊の竜骨」なる巨大な楔を打ち込んだ。竜骨は周囲の精霊を根こそぎ取り込み、まるで受肉するかのように各地の特性に応じた竜の姿を象った。こうして創られた6体の「ゼロスドラゴン」は、それぞれ「絶海」「獄炎」「死苑」「終焉」「星葬」「極天」と呼称された。ゼロスドラゴンは人智を超えた強大な力で、数多くの光の戦士を屠ったが、幾度も立ち上がる戦士たちの気勢に圧され、最後はギーゼと共にメサイアに討たれた。しかし、ゼロスドラゴンの核となる竜骨にはギーゼの強い怨念が宿っており、メサイアの力を以てしても完全には砕けない。この時取れる唯一にして最良の措置は、誰も手の出せない星の奥深くに、竜骨を封印することであった。だが、ギーゼの支配によって枯渇したクレイでは、封印の負荷に耐えることができない。やむを得ず、メサイアは生命力に満ち溢れていたもう一方の惑星に、竜骨を封じたのである。

国家別 節を編集

ユナイテッドサンクチュアリ 節を編集

-Gユニット

ドラゴンエンパイア 節を編集

-Gユニット

スターゲート 節を編集

-Gユニット

ダークゾーン 節を編集

-Gユニット

メガラニカ 節を編集

―Gユニット

ズー 節を編集

―Gユニット

関連リンク 節を編集