【Я】 節を編集

概要 節を編集

 「Я」のカードとそれに関する能力を持つカードを駆使するデッキ

 性質上、メインデッキリンクジョーカーを中心に複数のクラングレード3のカードを多く投入する構築を前提としているため、手札事故の確率こそ高め。
 その半面、呪縛フィールド外から呪縛カードの生成、解呪封じが強力なため一度回りだすと手のつけようがない。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 まず、《星輝兵 “Ω” グレンディオス》自動能力による勝利を阻止する手段として、アルティメットブレイクの有効化と要件を満たす前に速攻をしかける、ダメージゾーンを5枚にさせない、解呪能力等を用いて呪縛カードを減らす、ユニットのいないリアガードサークルを維持する等して呪縛カードを5枚以上にさせないといった手段が取られやすい。

 ユニットのいないリアガードサークルを維持するという手段は1つ残した程度であれば、《滅星輝兵 “∞” グレンディオス》でなくとも《星輝兵 コールドデス・ドラゴン》によって容易に突破できる。
 解呪能力等によって呪縛カードを減らされてしまうのは流石に痛いが、1〜2枚程度であれば《星輝兵 ルイン・マジシャン》《刻印の星輝兵 プラセオジム》といった補給手段を用いれば多少の遅れは出るが狙えなくなるほどの影響は出ない。

 呪縛カードすべてをなくすと同時にパワークリティカルの増強により、ダメージゾーンが4枚の状態からでもフィニッシュを狙える《救国の獅子 グランドエイゼル・シザーズ》《解放者 モナークサンクチュアリ・アルフレッド》《創世竜 アムネスティ・メサイア》等にはかなり弱い。
 《禁忌の星輝兵 ルビジウム》守護者を使う等して、やり過ごす体制を整えて余計なダメージを与えないようにしてやれば十分に対応できるが、自動能力効果による勝利を狙うのは諦めた方が無難だろう。

 そのほかに構造上の弱点として、メインデッキヴァンガードサークルに置きたくないグレード3のカードを多く入れることになるため、ライド事故の可能性が高くなることと、ガードが甘くなること。
 また、Gユニット超越してしまうと、《星輝兵 “Я” クレイドル》以外の「Я」のカードが持つ盟主が高確率有効になってしまう。

 それでも手札に「Я」のカード手札に加えなければならないため、手札交換が有効ではあるものの、メインデッキの枠にそこまでの余裕がない。
 ドロートリガーを多くすれば内在的なシールド値まで下がってしまうため、実にバランスが厳しく、高度な構築力、ドロー力、プレイングが要求される。

関連リンク 節を編集