ライン 節を編集

 必要パワーの目安、または同じ縦列のユニットパワーの合計値を指す。

 相手により多くのシールドを要求するための目安として、「(相手ユニットパワー+5000刻みの数値)ライン」という使われ方をする場合が多い。

 グレード3のユニットの平均パワーを丁度10000超えるパワー21000ラインの確保は、デッキ構築やプレイングにおける重要な課題の一つとなっていた。

 しかし、相手ターン中でもパワー12000〜13000になるグレード3が登場し、パワー11000のユニットが増加したことで、そのパワーの丁度5000ないし10000を超えるパワー16000〜18000ラインやパワー21000〜23000ラインの確保が重要となったと言える。

 特に後者のパワー21000〜23000ラインは右や左の縦列では何らかの工夫をしなければまず不可能と言え、ヴァンガードからのアタックでもそれを超えられないものは少なくない。

環境の変化とラインの扱い 節を編集

 初期においては、常時パワー11000というのは特別なステータスであり、突出した防御力を持つと同時に、パワー10000を前提としたライン形成も高く評価されていた。

 双剣覚醒以降から、常時パワー12000以上となる、クロスライド《マジェスティ・ロードブラスター》等といったヴァンガード要員の出現、《忠義の騎士 ベディヴィア》《戦巫女 タギツヒメ》等の単独パワー12000のアタックができるグレード2のリアガード要員の追加により、それらを要することでパワー20000ラインの形成を容易になものとしたデッキが台頭、相手ターン中はパワー10000以下となるユニットヴァンガードに据えることの不安要素も相対的に増加した。

 極限突破以降からは入ると、新キーワード能力リミットブレイク」の出現によりヴァンガードの瞬間的な高パワーの増強が比較的容易になり、特定のグレード3に対してブースト効果で合計パワー+11000を与えることができる《ちゃーじがる》等のカードも追加され、常時パワー11000のカードでも油断ができなくなってきた。
 また、主に【ゴールドパラディン】【ウィッチ】が新たに隆盛したため、ややパワー10000寄りの環境になっていた。

 蒼嵐艦隊以降からはかつて以上にヴァンガードパワー11000以上のユニットが据えられることが当たり前になり、クロスライドも増加し始め、パワー20000ラインはその有用性が大きく低下した。
 その結果、パワー20000ラインの形成が軽視されるようになり、かえってパワー10000のヴァンガードの防御面でのリスクは小さくなったとも言える。
 同時に、パワー16000ラインやパワー21000ラインの形成が重視され、また比較的容易になったことで、「パワー11000のヴァンガードは防御力に優れる」という評価も不適切になりつつある。

 しかし、当然ながら、パワー10000のユニットパワー増加なしではパワー11000のユニットに単独でヒットさせられないので、攻撃面においてはパワー11000の常態化が元々のパワー10000のグレード3を明確に不利にしている。

 また、この頃から【銃士】【バトルシスター】等、カード群統一型デッキが出現し始めていた。

 騎士王凱旋以降からはパワー11000傾向が更に加速し、ブレイクライドの出現、蒼嵐艦隊から引き続きクロスライドが増加傾向にある等、中央の縦列のパワー21000ライン以上の構築の敷居が一層低くなった。
 また、カード群統一型デッキが常態化したことで平均パワーが底上げされ、パワー18000〜19000ラインすらもそれほど形成に支障を来さなくなった一方、カード群統一デッキではグレードバニラの採用率が低く、パワー20000ラインが形成されることはやはり少なくなっている。
 また、パワー11000のカードをに対してブースト効果で合計パワー+11000を与えることができる《解放者 フレアメイン・スタリオン》等が出現したことで《マジェスティ・ロードブラスター》と常時パワー11000のヴァンガードの優位性が若干減少、相対的に常時パワー13000となるクロスライドヴァンガードの優位性が上昇している。

 竜剣双闘以降は双闘の登場により、ヴァンガードブースト無しでも最低パワー20000、自動能力によるパワー増加等で22000~23000ラインをヴァンガード単体で形成できるようになった。
 ヴァンガードアタックに対しては、守護者を使用しない限りは常に大量のシールド消費を強いられる状況となっている一方、リアガードのラインの平均値は大幅に上昇してはいないため、クロスライドの優位性は変わらない。

大まかな流れとしては(ヴァンガードユニットの場合の一例)

パワー11000有利(パワー20000ライン多数によりパワー10000が不利に)

パワー13000有利(パワー21000ライン増加によりパワー11000が不利に)

パワー10000有利(リミットブレイクによるパワー10000のパワー23000ライン対応によりパワー13000が不利に)

パワー11000有利(パワー10000が増加した事によりパワー20000ラインが再び有効化)

パワー13000有利(パワー11000が増加した事によりパワー21000ラインが再び有効化)

パワー10000有利(パワー13000が増加した事によりパワー23000ラインが再び有効化…………)

 というサイクルが定着しつつあるが、現在では元々のパワー10000のグレード3のカードが使用される機会が一部を除いてほとんどなくなっており、ゲームスピードの高速化からクロスライド等でパワー13000以上も狙うことも減ったことで、パワー11000が主流となっている。

関連リンク 節を編集