銃士(じゅうし) 節を編集

概要 節を編集

 「銃士」のカードとそのサポートを中心とした【ネオネクタール】

 リアガードコストにする能力ドロップゾーンを増やし、増やしたドロップゾーンコストにする能力、これら2つのスペリオルコール能力を核として構成される。

 また、ギミックの性質上、山札をシャッフルする回数が非常に多くなるため、ゲーム全体の時間が長引きがちである。大会において時間制限がある場合は注意したい。

構築について 節を編集

「銃士」のカード 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

「銃士」以外のカード 節を編集

―グレード1

大まかなタイプ別構築について 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 豊富なスペリオルコール手段により展開力は文句がないのだが、それだけに戦法がリアガード依存になりやすい。

 【リンクジョーカー】に非常に弱いのはもとより、パワー12000以上のヴァンガードに対しては長所であるリアガードの質が生かし辛くなるため、厳しい戦いを強いられやすい。

 《リコリスの銃士 ヴェラ》《夢紡ぐラナンキュラス アーシャ》等を採用しているなら、能力でパワーラインをうまく調整することが求められる。

 また、リアガードに関する能力に相当長けているためか、ヴァンガードは基本的にスタンドしないし、コール制限やインターセプト封じ等といったガード制限を行うような能力もない。

 その為、ヴァンガードが与えるプレッシャーは他のデッキと比べて若干見劣りしてしまうと言わざるを得ないだろう。

関連リンク 節を編集