《マジェスティ・ロードブラスター/Majesty Lord Blaster》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:あなたのソウルに、「ブラスター・ブレード」と「ブラスター・ダーク」があるなら、このユニットのパワー+2000/クリティカル+1。
【自】【(V)】:[あなたの(R)から、「ブラスター・ブレード」と「ブラスター・ダーク」を1枚ずつ選び、ソウルに置く] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+10000。

 双剣覚醒で収録されたグレード3のロイヤルパラディン

 永続能力クロスライドと比べて、ソウルに必要なカードが2枚のグレード2である、クリティカルも上昇する、元々のパワー10000なので最終パワー12000である、などと大分勝手が異なる、攻撃面を重視した能力と言える。
 いずれにせよ、有効となった状態が極めて強力である。

 自動能力コストとして《ブラスター・ブレード》《ブラスター・ダーク》ソウルインするので、永続能力要件が必然的に満たされることになる。
 パワー増加の効果も十分なものだが、真に重要なのはこちらの作用である。
 これによってデッキの構築と回転次第で、ライドしたターンでの永続能力の有効化もそう難しくなくなる。
 自動能力で上昇するのはパワーだけだが、必然的に永続能力要件が満たされるため、単独でパワー22000/クリティカル2に達することができる。

 なおこの際に、《ブラスター・ブレード》《ブラスター・ダーク》前列に置いた場合、先にアタックさせなければアタック分の損になってしまう。
 ガードされた時のためにトリガー効果を与えるリアガードを残しておきたくても、そうはいかないのである。
 また、パワー9000のそれらではアタックするだけ無駄なこともあり得る。
 どちらか片方を後列に置くなど、リアガードサークルへのコールに応じて様々な選択が求められる。

 とにかく重要なのは、自動能力コスト永続能力の有効化に必要な2枚のカードとの兼ね合いだろう。
 《ブラスター・ブレード》はともかく単体ではまともに活用できない《ブラスター・ダーク》を採用せざるを得ない制約があり、また「同時に」リアガードサークルに並べておかねばならない。
 《ういんがる・ぶれいぶ》山札から手札に加えたり、《光と闇の愛弟子 リュー》《スターコール・トランペッター》《スターライト・ヴァイオリニスト》による山札からのスペリオルコールする等といった手段は最大限活用していきたいところ。
 また、この能力を使うとインターセプト要員を失い2枚のディスアドバンテージを負ってしまうので、使用後の隙を突かれて逆転されてしまうおそれがあるので十分注意したい。

 また大きな利点として、このカード自体はカウンターブラストを一切必要としないというものがある。
 《ブラスター・ブレード》《スターライト・ヴァイオリニスト》のみならず、自由にカウンターブラスト持ちを併用できるのは強み。
 ソウルも多く補充できるので、《ソウルセイバー・ドラゴン》《探索者 シングセイバー・ドラゴン》をこのカードライドするのも手だろう。

 《神聖竜 レリジャス・ソウルセイバー》との相性はまずまずといったところである。
 最速なら5ターン目でソウルに「ブラスター」のカードを2枚用意できる点では、他のグレード3のカードの追随を許さない。
 ただ、《ブラスター・ブレード》《ブラスター・ダーク》ソウルに送った2ターン後にパワー+5000を与えにくい点は気になるところ。

  • コストは全てを支払うことしかできないので、自動能力でどちらか片方だけをソウルに置くことはできない。どちらかにライドしていても、他の方法でソウルに送れない限りは改めて2枚をソウルに置く必要がある。
  • 3DS版「ライド トゥ ビクトリー」では、先導アイチやミルキィホームズのシャロがこのカードを中心にしたデッキを使用する事がある。アニメ版とは違いこのカードが複数枚採用されており、まともな運用が難しいアニメ版のデッキとはうってかわって強力なデッキに仕上がっている。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

勇気を力とする光の剣、覚悟を糧とする影の剣、双つの剣の力を束ねた聖域の勇者「ブラスター・ブレード」の姿。
影の騎士より受け取った覚悟の剣とその心、全てを受け入れた彼の手には新たな力が宿っていた。
それは絶望を希望に変える刃。 悲しき因果を終結へ導く大いなる力。
集いし戦士達を先導する若き英雄――今、その勇姿は伝説の一頁となり、星の歴史に刻み込まれる。
「長きに渡る戦に終止符を打つ時が来た! 勇気と覚悟を携えし戦士達よ、我に続け!」

  • 「マジェスティ(Majesty)」は「威厳」などの意味合いを持ち、また王族・皇族に対する敬称として使われる。《ブラスター・ブレード》にそのような血脈に連なるという設定はないが、後者の意図も含まれているのかは不明。
  • 漫画第4巻の設定資料によると、所持している剣には「ブラスター・フォトン・ブレード」という名前がついている。

FAQ 節を編集

  • Q372 (2012-12-19)
    Q. 「マジェスティ・ロードブラスター」の能力で「ブラスター・ブレード・スピリット」や「ブラスター・ダーク・スピリット」はソウルに入れることができますか?
    A. いいえ、できません。「ブラスター・ブレード」と「ブラスター・ブレード・スピリット」は別のカードとして扱います。

収録情報 節を編集

ブースターパック双剣覚醒BT05/002 RRR イラスト/伊藤彰光よ影よ、我に力を! 今こそ絶望を希望に変える時!
BT05/S02 SP イラスト/伊藤彰光は輝く影、影は静かなる光、我らは……1つ!
スペシャル/コレクションファイターズコレクション2014FC02/S01 SP イラスト/伊藤彰光と影はひとつとなり、そして真の力が生まれる!