《エクスカルペイト・ザ・ブラスター/Exculpate the Blaster》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー12000 / シールドなし / ☆1
【永】【手札】:あなたのグレード3の《ロイヤルパラディン》のヴァンガードがいないなら、あなたはこのカードをノーマルライドできない。
【永】【(V)】:あなたのソウルに「ブラスター・ブレード」がないなら、このユニットはアタックできない。
【自】:このユニットが(R)に登場した時、このユニットを退却させる。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(3)] そのターン中、このユニットは1回のアタックで相手のユニットすべてとバトルする。
【自】【(V)】:このユニットがアタックした時、あなたのソウルから「ブラスター・ブレード」以外のカードをすべてドロップゾーンに置き、置いたカード1枚につき、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。
【自】【(V)】:このユニットがアタックしたバトルの終了時、あなたの、ドロップゾーンかソウルから「ブラスター・ ブレード」を1枚選び、【レスト】でライドし、あなたのソウルをすべてドロップゾーンに置く。

 カードファイト!! ヴァンガード」コミック第5巻で付属したグレード3のロイヤルパラディン

 グレード3のロイヤルパラディンがいなければノーマルライドできない、実質的にリアガードサークル登場させることができない、グレード4のノーマルユニットとほぼ同義となるような制限を持っている。

 加えて、ソウル《ブラスター・ブレード》が存在しないとアタックできない、拘束のような制限もある。
 こちらは《未来の騎士 リュー》起動能力でのスペリオルライド《孤高の騎士 ガンスロッド》起動能力手札に加えてからのノーマルライド《マジェスティ・ロードブラスター》自動能力コストソウルに置くなどサポート手段は豊富なので、そこまで深刻な制限ではない。

 また、このカードライドを考える時点で既に他のグレード3のロイヤルパラディンが既にヴァンガードサークルに置かれているので、ソウル《ブラスター・ブレード》がなければライドを諦めればよく、不意にこの制限を受けてしまう危険はまずないと言える。
 また《ドリーム・ペインター》使用すれば、強引ではあるがライドしてからでも永続能力による制限を回避できる。

 これらの制限と引き換えに持つ能力として、1度だけ相手ユニットすべてと同時にバトルすることができる。
 単純に最高5枚以上のアドバンテージになり、相手の布陣を完全にリセットできる。
 コスト競合を起こすことになる《ブラスター・ブレード》などの能力の使用を控えてでも、この能力を狙う価値は十二分にある。
 ただし、ノーマルライド制限の都合上から7ターン目以降からしか使用を狙えないため即効性は見込みにくいが、相手リアガードを揃ってから使う前提であるなら多少遅れは許容できる。

 更にアタックした時には自動的にソウルのほとんどを消費して追加のパワーを得る。
 順当にライドし、ソウルブラストしていなければソウル《ブラスター・ブレード》を除いて最低でも2枚あることになるので、パワー+4000は期待できる。

 自身のパワーブーストも含めれば合計パワーはかなりの数値が見込める上に、同時にバトルを行うことによってインターセプト封じもできるので、フィニッシャーとしても十分に強力である。

 しかし、アタックしたバトルの終了時にはソウルドロップゾーンからの《ブラスター・ブレード》スペリオルライドが行われてしまう。
 手札グレード3を確保しておきたいところだが、確保できていても次のターンパワー9000で凌がなければならない。

 状況的には相手リアガードを壊滅させた後なので反撃も弱まりやすいが、言い換えれば相手が残りの手札で脆弱なラインを作っても十分にアタックが通ってしまうということでもあり、不安は残る。

 ただし、こちらのヴァンガードグレード3以上でなくなることで相手シークメイトの使用やGユニットノーマル超越が行えなくなるので、場合によってはかえって相手の戦術を阻害できることもある。

 多く入れるとほぼ確実に腐ってしまうが、幸いにも《ういんがる・ぶれいぶ》手札に加えることが可能であり、投入枚数をかなり絞る事が可能。
 《ういんがる・ぶれいぶ》《ブラスター・ブレード》スペリオルライドした後、改めてライドするグレード3のカードを確保できるという点でも相性が良い。

 戦術上《ブラスター・ブレード》ソウルに置ける可能性が高く、ソウルを増やす動きもでき、「ブラスター」サポートも共有できる【マジェスティ・ロードブラスター】とは相性が良い。

 他には《ブラスター・ブレード》双闘した《光源の探索者 アルフレッド・エクシヴ》ライドすることで確実に《ブラスター・ブレード》ソウルに置くことができる。

  • テキストが非常に長く、総文字数374文字は全カード中最長である。加えて能力数(6つ)、行数(9行)もトップ。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

影の騎士団との戦いの最中、無限の勇気の力により一時的に変貌を遂げた「ブラスター・ブレード」の姿。 影の戦士たちの心に、形は違えど同じ志を見た「ブラスター・ブレード」。 彼は気づく。 光無き所に影は無く、影無き所に光は灯らない事を。 光の使者となった彼の強く優しい輝きは、闇に染まった者を滅ぼすのではなく、光へと塗り替え暗き闇の衣を祓っていく。 その強き光に、国を思うかつての己を見た影の騎士は、光の騎士へ剣と覚悟を託した。 最後の闇を祓う為、戦いを終結へと導く為――若き英雄は眠れる力を解き放つ。

FAQ 節を編集

  • Q330 (2012-11-22)
    Q. 「エクスカルペイト・ザ・ブラスター」の能力で「ブラスター・ブレード」にライドした時、「ブラスター・ブレード」の能力は使えますか?
    A. はい、使えます。
  • Q331 (2012-11-22)
    Q. 「エクスカルペイト・ザ・ブラスター」でアタックした時、「アポカリプス・バット」で【ブースト】しました。「アポカリプス・バット」のソウルブラストにより、ソウルの「ブラスター・ブレード」がなくなった場合、その攻撃はどうなりますか?
    A. 攻撃は続行されます。「エクスカルペイト・ザ・ブラスター」の「あなたのソウルに「ブラスター・ブレード」がないなら、このユニットはアタックできない。」は、アタック宣言をする時に関わる永続能力です。アタック宣言をする時にソウルに「ブラスター・ブレード」があれば、その後に「ブラスター・ブレード」がソウルからなくなっても、そのバトルは続行されます。

収録情報 節を編集

PRカード「カードファイト!! ヴァンガード」コミック第5巻PR/0092 イラスト/伊藤彰その光は、暗き世界を描き換えていく……。
PRカードブースターパック第10弾「騎士王凱旋」BOX特典PR/0092 イラスト/伊藤彰その光は、暗き世界を描き換えていく……。