《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド/Dragonic Overlord the End》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)/(R)】:《かげろう》以外のあなたの、ヴァンガードかリアガードがいるなら、このユニットのパワー-2000。
【永】【(V)】:あなたのソウルに「ドラゴニック・オーバーロード」があるなら、このユニットのパワー+2000。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2),あなたの手札から「ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド」を1枚選び、捨てる] このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを【スタンド】する。

 双剣覚醒で収録されたグレード3のかげろう

 クロスライドによって、合計パワー17000以下ならヴァンガードアタックすら手札1枚で簡単にガードできてしまうこの防御力は、【かげろう】の得意とする「相手グレード1以下のリアガード退却」との相乗効果によって凄まじいまでの堅牢さを発揮する。
 《鎧の化身 バー》《ワイバーンストライク ギャラン》等でブーストしてパワー+8000以上を与えれば、パワー21000ラインに達し、パワー11000ユニットに対してシールド15000を強要することもできる。

 ただし、《ドラゴニック・オーバーロード》ソウルに置く確実な手段はかげろうでは実質再ライドのみなので、かげろう以外のクロスライドに比べても安定して常時パワー+2000を得るのは難しい。狙うのであれば、《リザードジェネラル コンロー》等の能力で予め《ドラゴニック・オーバーロード》ライドしやすい環境を整えておくのが良いだろう。

 アタックヒットした時にコストを支払う事で、自身の再スタンドを行える。
 ヒットさせる対象を問わない誘発条件コストカウンターブラスト(2)の他は限定性が高いが手札1枚であり、カード消費でみれば1:2交換と優れている。

 反面、ブレイクライド等を利用してパワーを増加させない場合にはスタンドした際のパワー不足に悩まされフィニッシャーとしてはやや物足りない性能となるので、相手をその強力なプレッシャーで疲弊させ、あわよくばヒットを狙うアドバンテージの獲得に長けていると言える。

 また、アタックリアガードヒットした場合、相手に与えるディスアドバンテージの量はあまり多くならない場合があるので、《リザードソルジャー ファーゴ》ガード強要能力を与えておくか、ヴァンガードへのヒットを狙っていきたい。

 ペルソナブラストというコストは少しばかり捻出が難しい。
 確実性のある手段としては、《リザードジェネラル コンロー》による1:1交換の他は、《リザードヒーロー アンドゥー》の遅い起動能力《ドゥームブリンガー・グリフォン》コストが重い起動能力等に限られる。
 しかし、偶発的にドライブチェック手札に加えることに成功すれば、即座に使えるので、相手ヒットを防ぐ以外に確実な対処法がない部分は強みである。
 ガード強要力の高さから相手をジリ貧に追い込む長期戦に向いていると言える。

 一方で、ドライブチェックで引き込む可能性を作るにしてもカウンターブラスト(2)を残しておく必要はある。
 残そうと思えば十分残せる量だが、使えないままダメージゾーンの表のカードを持て余しているよりは《バーサーク・ドラゴン》などの能力相手ディスアドバンテージを与え、この能力のために手札の2枚目以降のを温存しておくより、ノーマル超越等の手札コストに回したりリアガードサークルコールした方がいい場面などもあり、どちらのファイターにも難しい判断を迫る。
 誘発が見込みにくい状況であれば、Gユニットノーマル超越するためのコストにした方が賢明だろう。

 《ドラゴニック・オーバーロード》(ブレイクライド)クロスブレイクライドすれば、単体でパワー23000と単独でスタンドした際にパワー不足で悩まされる心配がなくすことができる。
 さらにインターセプト潰しを行いながら2:2交換のスタンドペルソナブラストの確保を狙い、2度目のスタンドに望むことができる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

長きに渡る戦に決着をつけるため、自らの命を触媒として進化を遂げた帝国最強の竜戦士。
命の灯を力に変える禁断の邪法――更なる力をつけて迫る聖騎士と奈落竜を打ち倒すため、彼は彼なりの答えを出したのである。
燃え盛る四翼を羽ばたかせ、立ち塞がる敵全てを薙ぎ払い、暴竜は飛ぶ。 目指すべき仇敵はすぐそこに。
「我が望みは唯一つ、彼奴等との戦のみ。 この命は今、この瞬間の為に存在したのだ」

  • フレーバーテキストによると、スタンド能力の通称は「エターナル・アポカリプス」と変わったようだ。「アポカリプス(Apocalypse)」は「黙示録」のことで、かつての自身の呼び名と繋がっている。

FAQ 節を編集

  • Q63 (2012-01-14)
    Q. 『アタックがヒットした時』に発動する能力は、アタックがヒットした時コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック双剣覚醒BT05/005 RRR イラスト/タカヤマトシアキ終わらせる全てを。来たれ、エターナル・アポカリプス!
BT05/S05 SP イラスト/タカヤマトシアキこれが終焉の始まりだ、エターナル・アポカリプス!
スペシャル/コレクションファイターズコレクション2014FC02/S04 SP イラスト/タカヤマトシアキジ・エンドは終わらない!