《ドラゴニック・オーバーロード “The() X(クロス)”/Dragonic Overlord "The X"》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘22000】「ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:このユニットが【双闘】した時、あなたの山札からあなたの(V)にいるユニットと同名のカードを1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札から「ドラゴニック・オーバーロード “The X”」を1枚選び、捨てる] このユニットがアタックしたバトルの終了時、そのバトル中、アタックがヒットしていなかったら、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを2枚まで選び、退却させる。

 時空超越で収録されたグレード3のかげろう

 シークメイトの指定カードはヒットした時にカウンターブラスト(2)とペルソナブラストで自身のスタンドが行える《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》

 このカードと共に双闘状態になることで、ブーストなしでも継続的にパワー22000に達することができる。
 単純にヒットした時の能力誘発が狙いやすくなり、スタンド後のパワー不足に悩まされる心配も少なくなる。

 さらにソウル《ドラゴニック・オーバーロード》(ブレイクライド)を置ければさらにパワー+2000を得られるので、ブーストなしでもクロスライドに有効なパワーラインに届かせることができる。
 能力の性質上、このカード《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》はどちらも極力多く採用したいので採用枠が厳しいが、《リザードジェネラル コンロー》能力手札に加えれば少数でも比較的ライドを狙いやすい。
 このカード《ドラゴニック・オーバーロード》(ブレイクライド)ブレイクライドさせ、シークメイト《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》双闘して有効化を狙う構築も不可能ではない。

 双闘した時の能力は、山札からヴァンガードサークルにいるユニット同名のカードを1枚まで手札に加えるというもの。

 シークメイトコストを除き、一切のコスト不要で1枚分のアドバンテージとなるが、このカード《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》は共にペルソナブラストコストで必要とするため、必要に応じてそのどちらかの2枚目以降を確保するというのが主な目的になる。
 それぞれの能力の性質から、直後に相手ガードしてくると思われる状況では2枚目以降を、逆に相手ガードしてこないと思われる状況では《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》手札に加えると良いだろう。

 また、2枚目以降を手札に加えた場合、ペルソナブラストとして消費せずに再ライドシークメイトを行うために使うこともできる。
 その際にはまた3枚目以降を確保できるので、ソウルにこのカード《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》を溜め込む事態さえ避けられれば安定したシークメイトの連発も可能である。

 もう1つの自動能力は、アタックしたバトルの終了時に、そのバトル中、ヒットしていなかったら、カウンターブラスト(1)とペルソナブラスト相手リアガード2枚まで退却させるというもの。

 相手ガードしてこない状況では活躍させにくいが、終盤など相手ガードしなければならない状況であればカウンターブラスト(1)で1:2交換ができる強力な能力となる。
 双闘しているなら《煉獄竜騎士 タラーエフ》能力にも繋がる。

 これ自体は双闘状態でなくとも使用できる能力だが、双闘していれば《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》能力とのコンボにより、バトルの結果に関わらず双闘状態のヴァンガードスタンド相手リアガード2枚の退却のどちらかを要求し、バトルの結果に関わらず1:2交換のアドバンテージの獲得を狙えるようになる。

 とは言えこれはそれぞれのコストを揃えた上での話なので、そのような理想的な状況を作れるかは運の要素がある程度絡む。
 シークメイト《ドラゴニック・バーンアウト》《覇天皇竜 ディフィートフレア・ドラゴン》能力により、それぞれを山札に戻していくことも重要になるだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「星輝大戦」時に取り込んだ「虚無(ヴォイド)」の力を完全に掌握した「ドラゴニック・オーバーロード」。
「第二次星輝大戦」が終結した正史世界での姿で、復活の折に皇帝より賜った新たな武具を身に纏う。

時は流れ、帝国も大半が世代交代をした現代――圧倒的な力を誇った彼は今や数万年に一度の奇跡と言われるほどになり、帝国に知らぬ者はいない存在となっていた。

そして、「超越」という現象が始まるより以前、帝国にはすでに「時空混線」に関わる報告が為されていた。
その内容は、過去の姿のままの大君主がこの世界に「2人」現れ、消失したという不可解なもの。
大君主の出現に限らず、それに酷似した報告はその後も続き、やがて出現した戦士は実体を持つようになったという。

一体この世界に何が起こっているのか? その原因は?
今、事態の真相を探るべく、新たな時代の戦士達が立ち上がろうとしている。

FAQ 節を編集

  • Q1110 (2014-12-04)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q1115 (2014-12-04)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。

収録情報 節を編集

ブースターパック時空超越G-BT01/006 RRR イラスト/DaisukeIzukaただ、強さを求め……そして、再び道は交差した。
G-BT01/S05 SP イラスト/DaisukeIzukaジ・エンドは終わらない。