蒼嵐竜(そうらんりゅう) メイルストローム/Blue Storm Dragon, Maelstrom》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
アクアフォース - ティアードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのターンで4回目以降のバトル中なら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、【自】(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。』を得る。
【永】【(V)/(R)】:《アクアフォース》以外のあなたの、ヴァンガードかリアガードがいるなら、このユニットのパワー-2000。

 蒼嵐艦隊で収録されたグレード3のアクアフォース

 リミットブレイクヴァンガードアタックした時にそのターンで4回目以降のバトル中なら、パワー+5000と『ヒットした時にカウンターブラスト(1)で1枚ドローし、相手リアガード1枚を退却させる自動能力』を得る自動能力

 得られる能力は、誘発さえすればわずかカウンターブラスト(1)で2枚分のアドバンテージになり、その効果から次のターンを凌ぎやすくもなる非常に強力な能力である。
 さらにパワー+5000も得ることができるため、単独でもシールド10000を要求する強力なガード強要が狙える。

 しかし、要件を満たすためには《蒼嵐兵 ラスカル・スイーパー》《タイダル・アサルト》などによるサポートが必要不可欠となるため、ある程度の依存性を持った能力となっている。

 ガード強要を行う能力としてみるとリミットブレイクの制限があることが難点となってくるが、これに関しては《蒼嵐艦隊のアオザメ兵》永続能力を利用して早期から有効化することで補える。

 要件の都合でアタックする順番が一番最後になる事がほとんどで、ガードされてしまうとドライブチェックで発動したトリガー効果が無駄になりやすいのでスタンドトリガーとの相性が良い。

 《蒼嵐竜 メイルストローム》(G-CB02/004)と比較するとクロスライドを念頭に置くと見劣りする面もある。
 ヒットした時に得られるアドバンテージで勝ることと【アクアフォース】再ライドを積極的に行う事が得策でないこともあるので十分差別化はできている。

  • アニメでは第90〜91話(VS先導アイチ&葛木カムイ)で蒼龍レオンが使用。1枚目は12ターン目でレオンのPSYクオリアによってその姿が描かれ、直後にライドしてすぐにリミットブレイクを発動したが《光輪の盾 マルク》により完全ガードされた。16ターン目にはPSYクオリアのイメージ通りにもう2枚目がコールされ、1枚目がフィニッシャーとなった。
    • 第94話(VS矢作キョウ)でも9ターン目で2枚目がコールされ、こちらでは2枚目がフィニッシャーとなった。4ターン目の時点からダメージゾーンは4枚となっていたものの、度重なるスタンド封じによって4回目のバトルを達成できず、9ターン目が最初の発動になっていた。
    • 第102話(VS櫂トシキ)、第103話(VS先導アイチ〈2回目〉)ではライドしてすぐにリミットブレイクを発動したもののガードされ、次のターンにはクロスライドされた。第102話では同時に1枚コールしている。
    • ライド時の台詞(第90話・第102話)は「見よ! あらゆる悪徳を洗い流す激しき潮の流れを……その名は正義! 《蒼嵐竜 メイルストローム》にライド!(第90話以外では「ライド! 《蒼嵐竜 メイルストローム》!」)」 第103話では「その名は正義」が省略された。
    • リミットブレイク使用時の台詞は「リミットブレイク! 吹きすさぶ風の前では、限界など意味をなさぬ!」(第91話)
      「正義を成す我等に限界などない、《蒼嵐竜 メイルストローム》、リミットブレイク!」(第94話)
    • アニメ第91話のサブタイトルはこのカードの名前だったが、表記が「蒼嵐 メイルストローム」になっていた。
    • 特定のカードを思わせるようなサブタイトルは過去にも何回かあったが、(ほぼ)カード名そのままなのはこの回が初めて。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

現“アクアフォース”最強の戦士にして、弩級戦艦を悠に超える体長を誇る空母級の超巨大海竜。 階級は中将。
巨体から繰り出される攻撃は無論危険だが、それ以上に脅威なのは、彼が兵士を「搭載」している事である。
肩部から背部に装備されたポッドには艦載兵が搭載されている為、彼一人が敵陣の防御線を突破すれば、
搭載された無数の兵士達が瞬く間に拠点を制圧してしまうのだ。 蒼き嵐の侵攻を阻む者は皆等しく、海の藻屑と成り果てる。
かつて目指した理想と秩序に溢れた世界を実現するまで、彼の「正義」は決して曲がらず揺るがない。

現“アクアフォース”最強の戦士にして、弩級戦艦を悠に超える体長を誇る空母級の超巨大海竜。 階級は中将。
解放戦争時の暴走による反動で、いつ醒めるとも知れない眠りについていた。
その為、“リンクジョーカー”の新たな実験の被験体に選ばれ、意識の複製を取られた上、“Я(リバース)”化した意識体を生み出されてしまう。
しかし、深層意識を直接刺激された事が結果的に功を奏し、休眠状態から覚醒。 “アクアフォース”を総べる存在として、海軍のトップに再臨する。
海域にまで手を伸ばしてきた“リンクジョーカー”に押されていた海軍は、予期せぬ中将の復活によって大幅に士気を上げる事に成功したのである。
奪われた海域の奪還、己の影との決着――未だ思う様に動かない身体に鞭を入れながら、蒼き嵐は立ち上がる。
安息など必要ない。 必要なのは唯、世界を総べる秩序のみ。

FAQ 節を編集

  • Q265 (2012-09-20)
    Q. 『アタックがヒットした時』に発動する能力は、アタックがヒットした時コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q280 (2012-09-20)
    Q. そのターンで4回目以降のバトル中とは、4回目のバトル中も含まれますか?
    A. はい、含まれます。

収録情報 節を編集

ブースターパック蒼嵐艦隊BT08/005 RRR イラスト/村山竜大混沌を飲み干せ! ジャッジメント・メイルストローム!
BT08/S05 SP イラスト/村山竜大これが、最後の嵐だ!


蒼嵐竜(そうらんりゅう) メイルストローム/Blue Storm Dragon, Maelstrom》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
アクアフォース - ティアードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【リミットブレイク】(4):[【カウンターブラスト】(1)] 《アクアフォース》がこのユニットにライドした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのヴァンガードを1枚まで選び、そのターン中、パワー+10000し、【自】(V)】連波-4回目以降(各ターンの指定されたバトルで有効):このユニットがヴァンガードにアタックした時、1枚引き、相手のリアガードを1枚選び、退却させ、そのバトル中、相手はグレード0のカードを手札から(G)にコールできない。』を与える。
【自】【(V)】連波-3回目以降(各ターンの指定されたバトルで有効):このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの山札からカード名に「メイルストローム」を含むカードを1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

 連波の指揮官で収録されたグレード3のアクアフォース

 カウンターブラスト(1)で、ヴァンガード1枚にパワー+10000と『ヴァンガードアタックした時に1枚ドローし、相手リアガード1枚を退却させ、相手グレード0のカード手札からコールできなくなる自動能力』を与えるブレイクライドを持つ。

 《蒼嵐水将 ディミトリウス》とよく似た性質を持つが、主な違いはドロー枚数の違いから得られるカードアドバンテージが1:2交換であることと、相手手札からのグレード0のカードコールを封じることができる点である。

 また、《蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム》《蒼嵐業竜 メイルストローム “Я”》クロスライド要件となっていることでそれらのクロスブレイクライドに対応する他、「メイルストローム」、《蒼嵐戦姫 コーラリア》のサポートを活用することで安定性を高めれられるので【メイルストローム】ならば優先して採用して良いだろう。
 逆にそれ以外であれば、あちらの方が1枚多くアドバンテージを得られるので、フィニッシャーとしての性能を重視する等、特別なコンボがなければあちらを優先することになる。

 《蒼嵐水将 デスピナ》と同様に《蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム》自動能力との相性は非常に良く、相手手札カードコールが完全にできなくなるので非常に強力である。
 インターセプトが行えるリアガードや、《すれいみー》《戦場の歌姫 クロリス》等の守りに役立つ能力を持つリアガードがいても、退却させてしまえば良い。
 いざこのコンボが成立してしまうと、《旭光の騎士 グルグウィント》《バルーン・ラクーン》の等のアタックされたバトルガードステップ開始時の能力を利用する以外に対処する方法はないと言ってもいい。

 《蒼嵐業竜 メイルストローム “Я”》との相性はそれほどという訳ではないが、クリティカルの増加によるガード強要性は高く、グレード0のカードコールはできないので守護者の使用を誘いやすい。
 そうしてヒットを防がれれば合計で2枚のドロー相手リアガード2枚の退却に繋がり、以降のターンでのフィニッシュに繋がりやすくなる。
 ただ、特性上、リアガードパワーラインがかなり低めなのも手伝って、元々ヴァンガードアタック守護者で防ぐことが多いため、手札からグレード0のコールをできなくしても意義はやや薄い。

 もう1つの自動能力も3回目以降のバトルを達成して連波を有効にした状態でヴァンガードヒットさせれば、ノーコスト山札から「メイルストローム」を確保することができる。
 2枚目以降のこのカードを確保してブレイクライドの再利用を狙えるようにしたり、《蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム》《蒼嵐業竜 メイルストローム “Я”》手札に加えられればクロスブレイクライドの補助になるのでガード強要としては強力。 《蒼嵐候補生 マリオス》も組み合わせてさらなる「メイルストローム」の確保を狙うのもよいだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

惑星クレイにその名を轟かす最強の海軍、“アクアフォース”を統べる総司令にして、唯一人の海軍大将。“アクアフォース”が解放されて以来、軍のトップに立ち続け、兵士たちを導いてきた。通常の戦艦や空母の全長を超える規格外の体躯を誇り、平時は彼専用の巨大な軍艦で執務を執り行っている。

今になって、頑なに拒んでいた「大将」を名乗った理由は不明であり、「過去の大将たちの復活を諦めた」という説をはじめとする多くの噂が出回っている。

過去に犯した過ちを今なお悔いており、若き兵士たちに同じ過ちを繰り返させないよう、注力している。仲間を重んじる「サヴァス」や「ジノビオス」のような者たちが、今後の“アクアフォース”を担っていくだろうと予想しており、影ながら彼らの成長を見守っている。

FAQ 節を編集

  • Q1649 (2015-10-22)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q1674 (2015-10-22)
    Q. 起動や自動の【リミットブレイク】を解決した後、そのターン中やバトル中にダメージゾーンが3枚以下になった場合、得た効果はなくなってしまいますか?
    A. いいえ、なくなりません。
  • Q1677 (2015-10-22)
    Q. 連波(ウェーブ)とは何ですか?
    A. そのターン中に発生したバトルの回数を参照して発動する能力です。例えば「3回目のみ」はそのターン中3回目のバトル中であれば発動し、「4回目以降」であれば4回目のバトルも含めてそれ以降のバトルであれば発動します。

収録情報 節を編集

クランブースター連波の指揮官G-CB02/004 RRR イラスト/moiメイルストローム。蒼竜の中の蒼竜。
G-CB02/S03 SP イラスト/moi(※なし)