禁忌(きんき)星輝兵(スターベイダー) ルビジウム/Taboo Star-vader, Rubidium》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
リンクジョーカー - サイバロイド パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[このユニットを退却させる] このユニットが(G)に登場した時、あなたの(V)に「星輝兵 “Ω” グレンディオス」がいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたのカード名に「Я」を含むリアガードを1枚選び、そのバトルのアタックされているユニットをそのユニットに変更し、あなたのガーディアンすべてはそのユニットをガードする。

 無限転生で収録されたグレード1のリンクジョーカー

 ガーディアンサークルから自身を退却させることでアタックされているユニットを「Я」のリアガード1枚に変更させる、《星輝兵 “Ω” グレンディオス》専用のサポートカード。

 言わばこのカードと「Я」のリアガード1枚の計2枚の消費で疑似的な完全ガードのようなものである。
 カード消費こそ2枚であるものの手札が少なくとも使いやすく、さらに「Я」のカードを新たにコールするための空きリアガードサークルを作ることができる。

 とはいえ、リアガードヒットした時やリアガードアタックしたバトルの終了時の能力の使用を許してしまう可能性は残ることになる。
 《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》など、リアガードヒットした時にも誘発する能力を持つ一部のカードにはあまり有効ではなく、状況によっては《拒絶する根絶者 ヱビル》等の方が優秀となる場合もある。

 一方で、「ヴァンガードアタックしたバトルの終了時」の誘発を阻止できるという利点もある。
 特に《星輝兵 “Ω” グレンディオス》がやや苦手とするヴァンガードスタンドする能力に多く、決定的な防御手段にもなり得る。

 ただし、当然ながら「Я」のリアガードがいなければ機能しない。
 退却呪縛が行えるデッキと対する場合は事前に「Я」のリアガードを全て排除されてこのカードバニラ化するおそれがある点には注意を要する。

 バトル相手となった「Я」のリアガードは基本的に退却させられる事になるので、《超次元ロボ ダイカイザー》ブレイクライドで与えられた能力《真・究極次元ロボ グレートダイカイザー》等でガーディアン退却させられても痛手になることはほとんどないだろう。
 《コマンダーローレル》能力も、《星輝兵 “Ω” グレンディオス》《コマンダーローレル》自体かリアガードが4枚以下になるように呪縛すれば使用を防げるので対抗策としては最も有効だろう。

 効果による「アタックされているユニット」の変更であるため、後列にいる「Я」のリアガードにも変更することも可能である。
 【なるかみ】などの前列退却に長けたデッキと戦う場合、意図的に後列に「Я」のリアガードを配置することも検討できる。単純に後列に置かれている「Я」のリアガードの処理としても優秀といえるだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

侵略者“リンクジョーカー”の先兵「星輝兵」。 人間の外観的特徴を最も多く受け継いだ世代の兵士で、 「星輝兵」本隊の到着前にクレイへと潜入していた斥候タイプの一つ。 侵略開始に伴って通常任務に戻っていたが、帝国侵略の際に数体が返り討ちにあい、ロスト。 敵に情報をもたらさないよう、機能停止した兵士は本来消去されるのを待つだけだが、彼女達は 「カオスブレイカー・ドラゴン」によって秘密裏に回収され、『「“Ω”グレンディオス」を優先的に支援する』という新たなプログラムを植え付けられた上で戦線に復帰した。 平時の行動には一切影響無いが、「“Ω”グレンディオス」に一定量の攻撃が集中した場合、プログラムは発動し、彼女達は偽りの主の盾として砲火の前に晒される。 より哀しき傀儡と成り果てた虚兵達。 真に哀しきは、彼女達がその境遇そのものを理解していないという事だろう。

FAQ 節を編集

  • Q802 (2014-02-27)
    Q. このユニットの能力で相手のヴァンガードのアタックを自分のヴァンガードからリアガードに変更しました。相手のヴァンガードの「このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時」の能力は誘発しますか?
    A. いいえ、誘発しません。リアガードのみアタックしているバトルに変更されているためです。
  • Q803 (2014-02-27)
    Q. このユニットの能力の解決後にガーディアンをコールしました。コールしたガーディアンは能力で選ばれたユニットにガードが変更されますか?
    A. いいえ、変更されません。このユニットの能力の解決時にあるガーディアンのみが変更されます。
  • Q804 (2014-02-27)
    Q. 「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」が『【永】【(V)】:このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』を得てアタックしてきました。自分の前列の(R)に「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」と「飛将の星輝兵 クリプトン」がいる時、手札から「星輝兵 “Ω” グレンディオス」と「飛将の星輝兵 クリプトン」にガーディアンを1枚ずつコールし、さらにこのユニットをコールして、能力で「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」を選びました。このユニットの能力で「飛将の星輝兵 クリプトン」をガードしていたガーディアンも「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」をガードするように変更されますか?
    A. はい、変更されます。
  • Q805 (2014-02-27)
    Q. 「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」が『【永】【(V)】:このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』を得てアタックしてきました。自分の前列の(R)に「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」と「飛将の星輝兵 クリプトン」がいる時、このユニットの能力で「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」を選びました。ヴァンガードと「飛将の星輝兵 クリプトン」はアタックされていますか?
    A. いいえ、アタックされていません。このユニットの能力でアタックされているユニットが「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」のみに変更されているからです。
  • Q806 (2014-02-27)
    Q. 「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」が『【永】【(V)】:このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』を得てアタックしてきました。自分の前列の(R)に「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」と「飛将の星輝兵 クリプトン」がいる時、このユニットの能力で「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」を選びました。「飛将の星輝兵 クリプトン」はインターセプトできますか?
    A. はい、インターセプトできます。このユニットの能力でアタックされているユニットが「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」のみに変更され、「飛将の星輝兵 クリプトン」はアタックされているユニットではなくなっているからです。
  • Q807 (2014-02-27)
    Q. 「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」が『【永】【(V)】:このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』を得てアタックしてきました。このユニットの能力で後列にある「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」を選びました。前列にいるユニットはアタックされていますか?
    A. いいえ、アタックされていません。このユニットの能力でアタックされているユニットが「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」のみに変更されているからです。

収録情報 節を編集

ブースターパック無限転生BT15/032 R イラスト/Azusaお前の攻撃は通らない。それが法則(ルール)だ。