【なるかみ】 節を編集

概要 節を編集

 相手前列に対し高い干渉能力を持ったカードを中心に戦うデッキ
 なったのはトライアルデッキ雷竜の鳴動」より、クラン統一でデッキ構築可能となっている。

 類似する【かげろう】に比べ、低コスト相手前列リアガード退却させる能力に長けている。
 序盤から激しい殴り合いなったとしてもこまめな退却インターセプト封じによる物量差で押し切れる為、自身がアドバンテージを得るのではなく、相手ディスアドバンテージ与えることを利用した速攻を得意とする。

 まさに先手必勝の電撃戦を得意とし、如何に序盤にペースを握れるかがこのデッキの肝と言える。

構築について 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

派生軸 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 《魔竜戦鬼 カルラ》《ドラゴンダンサー ヴィアンネ》等があるものの、退却などでカウンターブラストを多く使うものが多い。

 また、ドロースペリオルコールは全くないわけではないが得意ではないため、やはり展開力には欠ける。

 その分を得意な退却で補っていきたいが、基本的には前列に干渉するものがほとんどであり、それらをインターセプトに使われると上手く立ち回れなくなることにも注意。

関連リンク 節を編集