【アーマーブレイク・ドラゴン】 節を編集

概要 節を編集

 《アーマーブレイク・ドラゴン》を主軸とした【なるかみ】

 《アーマーブレイク・ドラゴン》起動能力コストが非常に重い上、単発効果で全てのファイター前列リアガードすべて退却させてしまうためかなり扱いにくい。
 しかしその一方でパワー+10000/クリティカル+2を得る継続効果は非常に強力であり、そのままアタックが通ればほぼ勝利となる。
 このゲーム屈指のハイリスク・ハイリターンなデッキであり、その扱いにくさから扱う人を選ぶデッキといえる。

 《アーマーブレイク・ドラゴン》以外のカード退却効果のサポートと重いコストをカバーするカードで構成していく。
 リミットブレイクが有効となれば、相手ダメージゾーンが3枚の状態からのゲームエンドを狙えるため、その状況に持ち込むためのサポートができるカードも採用しておきたい。

構築について 節を編集

―キーカード

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット
《ドラゴンダンサー ヴィアンネ》
スタンドトリガー
カード効果相手リアガードドロップゾーンに置かれた時にこのユニット山札の上に戻すことで1枚ドローし、ダメージゾーンから1枚を表にするジェネレーションブレイク(1)の自動能力を持つ。
実質ノーコストダメージゾーンの表のカードを増やせるため《アーマーブレイク・ドラゴン》リミットブレイクを2回以上狙うことができる。

このデッキの弱点 節を編集

 基本的に一発勝負。
 前列こそ薙ぎ払われるものの守護者等の強力なガーディアン要員の能力で対処されやすい上、元々の元々のシールド15000を持つGユニットスペリオルコールできるGガーディアンの存在も向かい風。

 また相性の良いカードが軒並みパワーが低いため相手ヴァンガードパワー11000ならば何とかならないこともないものの、クロスライド等で常時パワー13000となるとほぼ有効なパワーラインは取れない。

 従って無理にヴァンガードを狙わずリアガードをこまめに退却させていくと良い。

 デッキの性質上、【むらくも】【スパイクブラザーズ】等のデッキとは相性が悪く、厳しい戦いを強いられるだろう。

関連リンク 節を編集