【たちかぜ】 節を編集

概要 節を編集

 リアガード退却を起点とする能力を持つカードを中心で構成されたデッキ
 ブースターパック魔侯襲来」より、クラン統一でデッキ構築可能となっている。

 リアガードを消費する事で全体的なパワーの向上、特にヴァンガードの攻撃能力を大幅に強化できるのが強み。

 局所的ではあるがパワーの上昇率は【ダークイレギュラーズ】におけるそれと同等クラス。

 戦い方は【シャドウパラディン】と似ているが、後から補充できるあちらと違い、こちらはディスアドバンテージ回避のユニットを先に用意しておかないといけないものの、コストは比較的軽めでマネジメントは楽。

 カードアドバンテージを獲得する手段は少ないものの、リアガードサークルからドロップゾーンに置かれた時における1:1交換の手段は豊富で、戦線の維持は見た目以上に容易い。

構築について 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

派生軸 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 《翼竜 スカイプテラ》などと違い、前列の高パワーリアガードは耐性を持たないものが多く、何枚も退却させられると戦線維持が難しくなる。

 展開力の低さはドロートリガーなどで補っていきたいところ。

 もう1つの弱点として、カウンターブラストの枯渇が挙げられる。たちかぜカウンターブラストを持つカードが多いため、《ランチャーマンモス》等によるコントロールが重要となる。

 また、《突撃竜 ブライトプス》《ドラゴンエッグ》等いないではないが、シールドを稼ぐ能力持ちが少ない点も地味に厳しいという弱点もある。

関連リンク 節を編集