暴喰(ぼうしょく) 節を編集

概要 節を編集

 暴喰能力を持つカードを主体とした【たちかぜ】

 暴喰能力はそのギミック上、それを持つユニットとは別にその効果退却させるリアガードを必要な枚数を確保しておく必要があるので、そのカード消費を抑える手段の重要度が高い。

 暴喰状態を利用する能力の多くはジェネレーションブレイクの制限があるため、他の【たちかぜ】に比べて速攻性に欠けるのが欠点。
 その一方で、暴喰能力自体にはジェネレーションブレイクによる制限がなく、《爆竜 サルコブレイズ》《サベイジ・ヒロイン》等の序盤から能力を発揮できるカードも存在することから、構築次第で速攻に対応することも可能。

構築について 節を編集

暴喰能力を持つカード 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

暴喰能力を持たないカード 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 暴喰状態関連の能力の多くがジェネレーションブレイク能力による制限があることで速攻が難しく、5〜6ターン目でのノーマルライドを見送る戦術にも弱い。
 暴喰状態関連の能力やそれによって消費するリソースの補充を行う能力の性質上、《エアーエレメント シブリーズ》で補うのも難しい。

 暴喰能力を持つユニットとは別に暴喰状態関連の能力で利用したい効果に応じてリアガード退却させなければならず、《ベビーカマラ》《シーラマグナム》《ラウダーアンモナイト》等で補助しないとカード消費が嵩みやすいのが弱点となる。

 カード消費を補うリアガードサークルからドロップゾーンに置かれた時の能力が他のファイターターン中に誘発しないものを中心に利用するため、他の【たちかぜ】と比べて他のファイターターン中の退却にやや弱い。 
 また、暴喰能力持ちでなくともリアガード呪縛されてしまうと、いくら手札に余裕があろうとも利用できる暴喰能力退却させることのできるリアガードの枚数が限られ、《絶対王者 グラトニードグマ》《破壊暴君 グラドギガント》等の暴喰能力効果による大量の退却を要求する能力の利用が困難なものとなってしまう。
 【リンクジョーカー】に対してはできるだけリアガードを残さない状態でターンを渡すようにしたい。

関連リンク 節を編集