《デトニクス・スティンガードラゴン/Detonix Stinger Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【リミットブレイク】(4):《なるかみ》がこのユニットにライドした時、あなたのヴァンガードを1枚まで選び、そのターン中、パワー+10000し、【自】(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、相手の前列にリアガードがいないなら、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、相手はグレード1以上のカードを自分の手札から(G)にコールできない。』『【永】【(V)】:相手の後列にリアガードがいないなら、このユニットのクリティカル+1。』を与える。
【自】:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、すべてのファイターは自分のリアガードを1枚選び、退却させる。

 月煌竜牙で収録されたグレード3のなるかみ

 ヴァンガード1枚にパワー+10000と『ヴァンガードアタックした時に相手前列リアガードがいないならカウンターブラスト(1)で相手グレード1以上のカード手札からコールできなくなる自動能力』と『相手後列リアガードがいないならクリティカル+1を得る永続能力』を与えるブレイクライドを持つ。

 与える2つの能力要件を満たすことによって、守護者コールを封じられる上でのクリティカル+1を得られるようになる。
 しかし、少なくともどちらかの要件を満たせないとパワー+10000を与えるだけとなってしまうので、ブレイクライドするカードには、少なくとも複数のリアガード退却させることができる、できれば全てのリアガード退却させられるだけの能力が求められる。
 この点から、《デトニクス・ドリルドラゴン》、もしくは《抹消者 テンペストボルト・ドラゴン》《抹消者 ツインサンダー・ドラゴン》あたりと組み合わせるのが前提のカードと言える。
 これらは全てのリアガード退却させる能力とそれに伴うパワーの増加能力を持っており、自然に全ての能力を活用することができ、相手ガードも非常に困難となる。

 ヴァンガードサークル登場した時の自動能力は1:1交換であり、テンポ的にこちらも損をするので、《ハンマーナックル・ドラゴン》などがいない場合は無理に使わなくてもいいだろう。
 一応、2枚目をこのカードブレイクライドさせてコンボすることもできるが、相手に選ばせる上に1枚ではどちらかの要件を満たすことすら難しいので、実用的なのは相手リアガードが少なかったりこちらのリアガードで更なる退却を狙えるような場合に限られる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1690 (2015-11-11)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1702 (2015-11-11)
    Q. この能力で、相手は抵抗を持つユニットを選べますか?
    A. いいえ、選べません。ユニットを選ぶのが相手であっても、カードの効果はあなたの効果なので、相手は抵抗を持つカードを選ぶことができません。
  • Q1727 (2015-11-11)
    Q. 呪縛カードはユニットとして数えますか?
    A. いいえ、呪縛カードはユニットではありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック月煌竜牙G-BT05/028 R イラスト/石田バル手の届かぬ光。渇望もまた力となる。