《デトニクス・ドリルドラゴン/Detonix Drill Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(2)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、すべてのファイターのリアガードをすべて退却させる。
【永】【(V)】:あなたのターン中、相手のリアガードがいないなら、このユニットのパワー+10000。

 「カードファイト!! ヴァンガード」コミック第8巻で付属したグレード3のなるかみ

 リミットブレイクは、ヴァンガードサークル登場した時にカウンターブラスト(2)で、すべてのファイターリアガードすべてを退却させる自動能力

 ヴァンガードサークル登場した時に、《抹消者 テンペストボルト・ドラゴン》起動能力と同じ効果をより低コストかつ緩いコストで行うことができる。

 しかし《覚醒の解放者 フリード》などと同様、ヴァンガードサークル登場した時という誘発条件リミットブレイクという制限の性質上、5〜6ターン目で順当にライドした場合には大抵誘発できずに無駄になる。
 《抹消者 エッグヘルム・ドラコキッド》を置けば最速での使用を狙うこともできるが、ディスアドバンテージが増すことになる上、相手リアガードを並べてくれるとも限らないので、有効なタイミングはそう多くない。

 《抹消者 テンペストボルト・ドラゴン》と比べて、エスペシャルカウンターブラストではないため構築を選ばない利点はあるが、《突撃の抹消者 サイケイ》等の巻き添えで退却させてしまっても利用できる「抹消者」のサポートを利用できない場合があることを鑑みると見劣りしやすい。

 サポートカードである《ハンマーナックル・ドラゴン》を利用でき、《デトニクス・スティンガードラゴン》とも共用できるのは《抹消者 テンペストボルト・ドラゴン》にはない利点となる。
 こちらの能力コストには制限がないため、《ドラゴンダンサー ジューリア》《ドラゴンダンサー アガタ》《ライジング・フェニックス》のような「抹消者」以外の優秀なカードを採用しやすい点も活かしたい。
 また、誘発タイミングの関係からGユニットとの両立も可能なので、何かしらのコストを都合する手段とも併用しつつ《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VMAX”》自動能力要件を確実に満たす手段として利用できるのもこのカード特有の利点である。

 2つ目の能力は、相手リアガードがいないたら、パワー+10000を得る永続能力

 自動能力と噛み合ったものではあるが、逆に自動能力による補助なしでは滅多に適用できず、似たような特徴を持ち対応力に優れる《抹消者 テンペストボルト・ドラゴン》に見劣りする性能となる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカード「カードファイト!! ヴァンガード」コミック第8巻PR/0235 イラスト/伊藤彰至高の戦いに、雑音は要らない。