《ライトスピード・チーター/Lightspeed Cheetah》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
リンクジョーカー - サイバービースト パワー8000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[アタックされているユニット以外のあなたのリアガードを1枚選び、呪縛する] このユニットが【インターセプト】した時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのシールド+10000。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)

 宿星の救世竜で収録されたグレード2のリンクジョーカー

 インターセプトすることでシールド15000のガーディアンとなれるが、相手ターン中にコストで自身のリアガード呪縛することになる。
 つまり、次のターンの終了時までそのカードリアガードとして利用できなくなるリスクを背負うことになる。

 呪縛コストによるリスクは大きいので、《惑星鉱石のレディサーチャー》を併用する他、次のターン《創世竜 アムネスティ・メサイア》《白色矮星のレディバトラー》等の能力の使用を狙う際の能力の布石とし、呪縛コストを利点に変換できるようにしておきたい。

 面白い使い方としては《トワイライトアロー・ドラゴン》の様なバトルフェイズ中に退却を行うカードに対して、場に残しておきたいリアガードをこちらのコストにすることで退却を免れさせるという方法もある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集